モラハラ夫と離婚調停して別れた体験談・子育て・シングルマザー・多種多様な生き方の情報を発信

モラハラ離婚ナビ

うつ病の原因となる恐ろしい「脳疲労」とは?「脳疲労」解消メソッドはモラハラ回復にも使える!

ストレス・メンタルケア モラハラ モラハラから回復する

すべての疲れは「脳疲労」が原因!「脳疲労」解消メソッドはモラハラ回復にも使える!

投稿日:2018年10月22日 更新日:

さて、このサイトでもうつ病などのあらゆる精神疾患や、ストレスへの脆弱性をもたらすのは脳へのダメージが原因であるという話をしてきました。

自分を大切にするとは具体的に何をすればいいのか?
自分を大切にするための6つの方法とその効果

「自分を大切にしなさい」 とてもいい言葉です。私自身も人を大切にするよりもまずは自分を大切にすることが必要だと考えていますし、自分のことを大切にしようと意識しないとなかなか大切にできないのではとも思っ ...

続きを見る

治らない!私がモラハラ被害によって受けた脳のダメージ
治らない!私がモラハラ被害によって受けた脳のダメージ

私のモラハラ被害は実に結婚生活と同じ5年間でした。 人によっては結婚生活が5年間だと聞くと短いと思われる方もいるかもしれません。しかし、モラハラ被害を受けた5年間はとても長く、そして私の脳にも重大なダ ...

続きを見る

脳疲労とは?

脳も使いすぎると「脳疲労」という状態になり、正しく機能しなくなるのです。そして、蓄積した疲労はそのうち脳に深刻なダメージを及ぼします。脳はダメージを一度受けてしまうと元には戻りません。そのため、「脳疲労」の段階で、できるだけ早く疲労を解消することが求められます。

すべての疲れは「脳疲労」が原因だった!

うつ病でも、肩の凝りや背中の痛み、全身の倦怠感などの症状が表われます。

ストレスが体への影響を与えるのは不思議なような気がしますが、すべての疲れは脳の疲労が原因という説ではすべて説明がつきます。実際に筋肉が疲れていなかったとしても、ストレスに対処するために脳は「疲れた」と体にサインを送るからです。脳が疲れたときも、脳から送られてきた「疲れた」サインによって体の疲労を感じることになるわけです。

日々、脳は過度な仕事や悩みによって受けたストレスを処理していますが、ストレスがかかりすぎるとその処理の量が膨大になり脳が疲れてしまうのです。この状態が「脳疲労」なのです。

 

脳疲労自己診断チェックを受けよう!

脳は目に見えませんが、「脳疲労自己診断チェック」を受けることによって脳疲労状態に陥っているかどうかを判断することができます。

BOOCSクリニック福岡さんのサイトでは、web上で自己診断チェックを受けることができます。この質問項目を見てみるとよく分かりますが、「夜中に目が覚めたり、用もないのに朝早くに目が覚める」「寝つきが悪い」「体を使わないのにへとへとだ」「気持ちが沈んで暗い」などまさにうつ病の症状そのものです。うつ病は脳の疲労が主な原因であることがよく分かります。

脳疲労は万病のもとである!

脳疲労は、うつ病の原因になるだけではなく、様々な体の病気や脳の病気の原因になると考えられています。

脳疲労がもたらす病は、

  • アルツハイマー
  • 認知症
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 肥満
  • 免疫疾患

などです。

中には、発症してしまうと治すことができない病気もありますので、早めの対処が必要となります。

 

脳疲労を解消するためには質の良い睡眠を取る!

睡眠不足は本当に悪いことしか起こりません。仕事であれば効率が落ちますし、生活にも支障が出てきます。心も身体も脳も、あらゆる病気にかかる原因にもなります。

体が疲れたときは体を休ませるのと同じように、脳も疲れたときはよく休ませてあげることが必要です。

便秘解消効果もある!ぐっすりと眠るために私がやっている3つのこと
便秘解消効果もある!ぐっすりと眠るために私がやっている3つのこと

こちらの記事にも書きましたが、人間生きる為には「睡眠」は欠かせません! そして、精神を司る脳を休ませることは、いい精神状態を保つことにつながります。 睡眠時間を確保するだけではなく、質の良い睡眠を取る ...

続きを見る

室温、湿度を調節して、寝る部屋を快適にする

室温や湿度を調節して、寝やすい環境を整えてあげましょう。あまりにも暑かったり、あまりにも寒い部屋では質の良い睡眠を取ることはできません。頻繁に目が覚めてしまいますし、目が覚めるまではいかなくても睡眠が浅くなり、朝起きたときに「寝た気がしない」と感じることになります。

冬場は、寝付くときは良くても、明け方に部屋の温度が急激に下がり、寒くて目が覚めてしまうこともあります。睡眠の質を高めるためには、部屋の温度が下がるタイミングでエアコンが効くようにタイマーをつけておくなどしてみましょう。夏場でも同様です。

また、乾燥しすぎたり、ジメジメした部屋でも寝つきが悪くなります。エアコンの除湿機能や加湿器を使うなどして湿度も整えましょう。

乾燥しすぎている場合は、鼻詰まりを起こしやすく呼吸が上手くいかないことで睡眠が浅くなることもあります。

寝る部屋は真っ暗にする

明るすぎる部屋では寝つきが悪くなるのは当然ですが、たとえばスマホ充電中のわずかな灯りすらも睡眠の質を下げることが知られています。光を遮るようなものを上からかけるなどして、できるだけ真っ暗な部屋で寝ることをオススメします。

加湿器や空気清浄機も、使用中の灯りを完全に消す機能があるものも多く販売されていますので、寝る前には完全に消灯しましょう。

寝具は快適なものを

自分に合った快適な寝具を選ぶことも大切です。枕の高さや堅さ、布団の硬さなどを自分に合ったものを容易しましょう。寝具がどれだけ人生に大切かは「寝具にお金をかける人ほど成功する」とも言われることからも分かります。

もちろん、高価なものだけが良いものであるというわけではありません。

たとえば、あたたかさや涼しさも寝具で調節することができます。最近ではひんやりとした冷感マットやよりあたたかい寝具なども安価で販売されていますので、寝具の一部をそういったものにすることも睡眠の質を高めることにつながります。

お風呂はシャワーのみではなく、できるだけ入浴する

入浴は寝つきをよくする作用があることが知られています。1日5~10分ほどの入浴は良い眠りを提供してくれます。

熱すぎるお湯は交感神経を高めてしまい、かえって寝付きを悪くしてしまうので、38度~40度の温度が良いようです。

全身をあたためる入浴は、筋肉の緊張をほぐす効果もあります。

寝る前にあたたかい飲み物を飲むのも効果的

カフェインの入っていないハーブティーなどがオススメです。特に、カモミールティーは古くからヨーロッパで不眠の薬として利用されていたそうで、鼻詰まりの解消や、副交感神経を高め、眠りを導く効果があるとされています。

BOOCS(脳疲労自己解消法)で脳疲労を解消する!

実は、この脳疲労を調べているうちに、モラハラを受けて傷ついた脳を回復するためのメソッドにたどり着きました!それは、BOOCS(Brain-Oriented Oneself-Care System)という脳疲労自己解消法です。

BOOCSとは?

脳疲労を解消し、心身の健康を取り戻すための健康法です。

(1)自分で自分を禁止・抑制することをできるだけしない

「〇〇はしてはいけない」「〇〇しなさい!」という自分自身に対する禁止や命令をやめてみること。

(2)自分にとって心地いいことを1つで良いから開始する

○○がしたいということをまずはやってみること。

BOOCSのメソッドはたったこれだけです。

どうですか?単純明快で、簡単で、誰にでもすぐに始められますよね!

BOOCSがモラハラから回復することにも使える理由!

私自身、モラハラを受けていた時は夫からあらゆる行動を禁止、抑制されていましたし、自分でもそうしなくてはいけないと自分の行動を制限していたのです。また、趣味をすることは到底許されず、心地いいことからは遠ざかっていました。

離婚した後まさに、この2つを自然と開始しており、少しずつ自分らしさを取り戻すことができていると感じます。

シングルマザーになったので頑張ることをやめてみた!私のモットー3つ
シングルマザーになったので頑張ることをやめてみた!私のモットー3つ

シングルマザーであると、父親がいない分、父親と母親の両方として人の2倍頑張らなければいけないという印象があるかと思います。 しかし、言い換えれば母親しかいないので、母親がいなくなってしまうと子どもは頼 ...

続きを見る

モラハラから回復するために自分の好きなものを取り戻そう!
モラハラから回復するために自分の好きなものを取り戻そう!

モラハラ被害の結果、自分の好きなものが分からなくなってきていませんか? モラハラ被害から回復するためには、自分の好きなものを取り戻し、本来の自分自身に戻る過程が必要です。 目次自分の好きなものを好きな ...

続きを見る

 

まとめ

私たちは、普段の暮らしで「脳疲労」を意識することはほとんどありません。しかし、「脳疲労」を放置したために病気になり、病気が発症してからでは手遅れなこともあります。
「脳疲労」をコントロールすることで、健康な状態を維持できるだけではなく、すでに疲労状態である脳を回復することにもつながります。

特にモラハラ被害に遭われてしまった方は、ぜひ「質のいい睡眠」と「BOOCS」を実践して、健康を取り戻して欲しいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PICK UP記事と広告

モラハラ関連人気記事

【知れば未来が変わる】モラハラ夫への対策まとめ 1

モラハラ夫への対策をまとめた記事です。 この記事に載っているものはすべて、 モラハラ夫を変えたり、 ましてや モラハラを治すこと を目標とはしていません。 モラハラ夫と共同生活を続けるうえで大切なのは ...

モラハラ夫との離婚準備は水面下で!離婚準備の注意点まとめ 2

結婚しようと決めてから、実際に結婚するまで期間があるように、離婚も離婚したいと相手に伝えてから実際に離婚するまでには期間があります。 離婚届を出すまでに、親権、財産分与、面会交流、慰謝料、養育費などの ...

離婚調停の流れ 3

まさか、自分が家庭裁判所に足を運ぶことになるとは夢にも思っていなかった、離婚調停を申し込むときにそう思う方も多いのではないでしょうか。 私も、初めて家庭裁判所に行ったとき、やたらと緊張したことを覚えて ...

-ストレス・メンタルケア, モラハラ, モラハラから回復する
-, , , ,

Copyright© モラハラ離婚ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.