モラハラ夫と離婚調停して別れた体験談・子育て・シングルマザー・多種多様な生き方の情報を発信

モラハラ離婚ナビ

モラハラ加害者を親に持った子どもたちへの私の願い

子育て 離婚 面会交流

モラハラ加害者を親に持った子どもたちへ【私の願い】

投稿日:2019年1月4日 更新日:

こちらの記事にも書かせていただきましたが、私は子どもと父親(元夫)の面会交流をしています。

モラハラ親との面会交流の在り方を考える
【離婚】モラハラ親と子どもの面会交流を行う理由

今、子どもは元夫と面会交流を行っています。 モラハラでは面会交流を制限するのが難しかったこと、子どもが幼く、まだ自分の意思で面会交流を取りやめることが難しかったことなどが理由です。 しかし、私としては ...

続きを見る

私はたとえモラハラ親であったとしても、そこから学ぶことがあるのではないかと考えています。

私もモラハラ夫からも学ぶことがあった

全ての人と理解しあえるわけではないこと

親や兄弟、友人と価値観を共有することができるということはそれまではごく当たり前のことだと思っていました。しかし、結婚生活でそもそも話をすることができない相手もいることが分かり、それはそれで価値観を広げることに役に立ったと思っています。

社会に出れば厄介な人は必ずいます。そしてそれは関係性によっては切ることができない相手かもしれません。相手とのおつきあいで自分の心を摩耗するばかりではいけませんし、かといってすぐに環境を変えることができるとも限りません。厄介な人とどのように付き合っていくかについて、適切な対処法を知っておかなくてはいけません。

話をすれば必ず理解してもらえるという価値観しかなかったら、対話をしようとしたり、こちらの気持ちを理解してもらおうとして無駄な努力を続けてしまいます。私自身も、いずれは夫に自分の気持ちが分かってもらえるだろうと思い、対話をすることを諦められませんでした。しかし適度に距離を取り、当たり障りのない付き合いにとどめることも時には必要です。

たとえ同じ言葉を話し、同じ文化で育ったからと言って、言葉で理解しあえるわけではありません相手を理解しようとする気持ちがなければ、同じ言語を話したところで通じ合うことはできません

理解してくれる人はとても貴重で大切な存在であるということ

そして、こちらの話を受け止めてくれる人、論理的に話をしてくれる人がいかに大切であるかということも同時に気づくことができました。今までの経験から、私は「話をすれば分かってもらえる」、「自分の気持ちを伝えれば何か相手の行動に変化がある」ことは当たり前と認識していていたのだと思います。モラハラ加害者がモラハラ環境を当たり前だと認識しているように、私自身も話をすれば理解してもらえることが当たり前だと認識していたのです。

今では話をすることができる人は、私にとってとても貴重で大切な人たちであるという認識に代わりました。夫との結婚生活がなければ、特別なものとして大切に思うことはなかったかもしれません。

子どもたちへの願い

私の子どもたちにとって血のつながった父親は元夫ただ一人です。そして簡単に切れる関係でもないこともよく分かっています。

私にとって元夫が価値観を広げる役割をしてくれたように、子どもたちにとっても時々父親と会うことで新しい価値観を広げていってくれたらいいなと思っています。

どういった人と付き合うのが心地よく、なぜその人と居ると嬉しい気持ちになるのか、それは他の多くの人と比べて分かることもあります。私が今、周りの人をとても大切に思えるのは、ある意味元夫のおかげでもあるのかもしれません。

どんな人や環境を心地いいと思うのか、その一つの指標となる親の存在は大きいです。モラハラ環境で育った子どもは、普通の環境よりもモラハラ環境を好むようになりますし、DV環境で育った子どもは大きくなってから配偶者にDV気質の人を選んでしまうこともよく知られています。私は子どもたちが歪んだ「ものさし」を持ってしまわないように育てていきたいと思います。

そして世の中にいる様々なタイプの一人として、私が与えることができない別の価値観を元夫が子どもたちに与えくれたら良いと思っています。

子どもに別居親の悪口はNG!じゃあなんて言えばいいの?
子どもに別居親の悪口はNG!じゃあなんて言えばいいの?

別れたパートナーは、お互いにとって赤の他人ですが、子どもにとっては別れた後も実親であることに変わりはありません。離婚に至るまでの経緯はそれぞれですが、こじれて離婚になっているケースでは、別れた後もお互 ...

続きを見る

 

※どんな場合においても親子の面会交流をすることを推奨しているわけではありません。あくまでも私一個人の考え方、私のパターンに基づくものです。
別居親の状態が悪い場合、別居親と子どもとの関係が悪い場合、子ども自身が拒否している場合は面会交流をやめる判断も必要だと考えています。

 

---追記---

面会交流に関しては、徐々に考え方が変わってきています。私の子どもたちにとって適切な方法がなんであるか、模索しながら考えることをやめないようにしたいです。

お母さんが笑っていれば子どもは喜んで面会交流に行くっておかしくないか?
お母さんが笑っていれば子どもは喜んで面会交流に行くっておかしくないか?

家庭裁判所の考え方や調停委員から言われることは絶対的に正しいとは感じていません。特に面会交流についてはすべてを一般論の中に押し込めることはできず、個々のケースについての対応を考えなくてはいけません。 ...

続きを見る

どんな親であれ、子どもは「会いたい」という。安全に面会交流を行うためには?
どんな親であれ、子どもは「会いたい」という。安全に面会交流を行うためには?

小4少女虐待死事件で、なくなった心愛さんは、小学校での面会時に「お父さんとお母さんに早く会いたい、(手紙は父親に書かされたが)一緒に暮らしたいと思っていたのは本当のこと」と話していたそうです。その後、 ...

続きを見る

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PICK UP記事と広告

モラハラ関連人気記事

【知れば未来が変わる】モラハラ夫への対策まとめ 1

モラハラ夫への対策をまとめた記事です。 この記事に載っているものはすべて、 モラハラ夫を変えたり、 ましてや モラハラを治すこと を目標とはしていません。 モラハラ夫と共同生活を続けるうえで大切なのは ...

モラハラ夫との離婚準備は水面下で!離婚準備の注意点まとめ 2

結婚しようと決めてから、実際に結婚するまで期間があるように、離婚も離婚したいと相手に伝えてから実際に離婚するまでには期間があります。 離婚届を出すまでに、親権、財産分与、面会交流、慰謝料、養育費などの ...

モラハラの慰謝料と現実 私が離婚調停で感じたこと 3

モラハラを受けた被害者の中には、相手から慰謝料をもらわなければ気が済まない方もいらっしゃると思います。 私自身も調停の途中から「なにがなんでも慰謝料を支払ってもらう!」という気持ちでいましたし、被害が ...

-子育て, 離婚, 面会交流
-, ,

Copyright© モラハラ離婚ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.