モラハラ夫と離婚調停して別れた体験談・子育て・シングルマザー・多種多様な生き方の情報を発信

モラハラ離婚ナビ

男性の産後うつの症状や対策まとめ

ストレス・メンタルケア 子育て

10人に1人がなる「父親の産後うつ」とは?症状や対策まとめ

投稿日:2018年9月26日 更新日:

産後うつという言葉を聞いたことがある方は多いと思います。しかし、産後うつは女性だけのものではなく、父親である男性もなる可能性があるということは意外と知られていません。

男性が産後うつになる確率は8%、約10人に1人

男性が産後うつになる確率は8%で、女性が産後うつになる確率は10%と言われていますから、確率的にはほぼ同じです。

女性が産後すぐうつになるのに対し、男性は生後3~6カ月くらいに発症することが多いと言われています。

 

産後うつの原因は?こんな人が産後うつになりやすい

産後うつになりやすい男性の特徴は以下のものです。

  • 真面目である
  • パートナーがうつである
  • 夫婦関係が良くない
  • 経済的に不安定である
  • 昇進、退職、転職、親の介護などの大きな出来事や問題が重なる
  • 家族歴(うつは家族性が高いと言われています)
  • 病歴

子どもが生まれると、責任が大きくなり、経済的にも負担が増えます。父親になったことを少なからずプレッシャーに感じる男性は多いものです。心理的なものに加え、肉体的にもハードになります。男性は安定して収入を得るためにより仕事に精を出し、かつ家に帰れば家事や育児の負担ものしかかり、過労状態に陥るケースも少なくありません。残業して深夜に帰宅した後にさらに家事育児をやらなくてはならない人もいます。真面目な男性は職場では仕事、家では家事・育児の手を抜かず頑張りすぎてしまい、その結果、産後うつになってしまうのです。

日本では、他の先進国に比べ労働時間がずば抜けて長いと言われています。それにもかかわらず海外のレベルに合わせて「イクメン」「家事メン」を推奨し家の中のことまでやらなくてはいけなくなると、完全にキャパオーバーです。「イクメン」「家事メン」を普及するには、まず労働時間の見直しを進めていかなくてはいけません。
また、3食とも火の通した料理を出すなど求められる家事レベルが高いことや育児に関しても「3歳児神話」などで幼い子どもを預けることができないなど、家事や育児に手を抜くこともできません。諸外国のようにベビーシッターも普及してはいません。

さらに、育児をする母親が「ワンオペ育児」と言って孤独・孤立しやすいのと同じように、父親は周囲に子育てについて相談できる相手があまりいません。それゆえ、社会とつながっていても子育ての点では愚痴を言うことができずにストレスをため込みやすい傾向にあるのです。

今の父親、母親は抱えられないほどの負担を強いられていると言っていいでしょう。

また妊娠期のある女性と違って、男性は子どもが生まれると突然生活環境が激変することも、生活の変化についていけずストレスを抱える原因になると考えられるでしょう。

 

男性の産後うつの症状は?

産後うつになった男性はどのような症状が出るのでしょうか?

  • 抑うつ、気分の落ち込み
  • 赤ちゃんに興味がなくなる、無関心になる
  • 赤ちゃんとの距離を感じる
  • 父親の役目をはたしていないのではないかと不安になる
  • イライラする
  • 不眠や頭痛といった身体的症状

特にイライラ状態に陥ると、男性の場合は外にストレスを向ける傾向が強いことが知られています。その結果、イライラの矛先が赤ちゃんに向き、虐待などにつながってしまう場合もあります。

男性の産後うつにも適切なケアが必要です。

 

父親、母親共に産後うつにならないためにはどうすればいいのか?

産後、母親が赤ちゃんを育てていく上で家庭においての父親のフォローは欠かせません。しかしそれは、父親も母親と同じように夜間に赤ちゃんが泣くたびに一緒に起きて子どもをあやすといったことではありません。女性はホルモンの働きによって産後は赤ちゃんの世話をしやすいように体が適応しますが、男性はそうではありませんので、女性と同じように育児をしようとすると倒れてしまいます。

では、父親側がするべきことは何でしょうか?

それは母親が赤ちゃんの育児に専念できるように家事を分担したり、環境を整えることです。
他にも家事の負担を減らすための最新家電を購入する、宅配サービスを頼んでおくといったことも有効です。普段から家事をやり慣れていない人の場合は、子どもが生まれたらすぐに家事ができるようになるわけではありませんので、前もって準備をしたり環境を整えておくことを忘れないようにしましょう。

大事なのは夫婦が話し合うこと。大人が二人いるわけですので、お互いに負担を分け合い、役割を分担して共同で生活を回していくという考え方が必要です。

時には周りにSOSを出すことも必要です。夫婦だけで抱え込まずに積極的に人の手を借りましょう。

 

必要であれば、クリニックの受診を

男性の産後うつは、60~80%以上の確率で状態がよくなることが知られています。適切に治療をすれば完治できる病気なのです。

「妻や家族もつらいのに自分だけがこんな症状になってしまって申し訳ない」と思い、受診を躊躇してしまうケースもありますが、受診をしたほうが結果的には家族に負担をかけずに済む可能性が高いのです。

症状が良くなった暁には、赤ちゃんと関わることが楽しくなり、あなた自身が理想としている父親像になれることでしょう。

 

まとめ

  • 男性も10人に1人の確率で産後うつになる
  • 日本の男性は過労状態
  • 産後うつを放っておくと虐待につながる可能性がある
  • 適切なケアをすれば60~80%以上の確率でよくなる
  • クリニックに行き、治すことが理想の父親になるためにも必要
産後うつにならないためには?産後はこうして乗り切ろう!
産後うつにならないためには?産後はこうして乗り切ろう!

今までは、産後うつはホルモンバランスの乱れによって起こると言われていましたが、どうやら違うようです。 父親の産後うつと同じように、本人のうつの既往やその他の人間関係や環境的な要因から引き起こされるもの ...

続きを見る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PICK UP記事と広告

モラハラ関連人気記事

【知れば未来が変わる】モラハラ夫への対策まとめ 1

モラハラ夫への対策をまとめた記事です。 この記事に載っているものはすべて、 モラハラ夫を変えたり、 ましてや モラハラを治すこと を目標とはしていません。 モラハラ夫と共同生活を続けるうえで大切なのは ...

モラハラ夫との離婚準備は水面下で!離婚準備の注意点まとめ 2

結婚しようと決めてから、実際に結婚するまで期間があるように、離婚も離婚したいと相手に伝えてから実際に離婚するまでには期間があります。 離婚届を出すまでに、親権、財産分与、面会交流、慰謝料、養育費などの ...

モラハラの慰謝料と現実 私が離婚調停で感じたこと 3

モラハラを受けた被害者の中には、相手から慰謝料をもらわなければ気が済まない方もいらっしゃると思います。 私自身も調停の途中から「なにがなんでも慰謝料を支払ってもらう!」という気持ちでいましたし、被害が ...

-ストレス・メンタルケア, 子育て
-, , , , , ,

Copyright© モラハラ離婚ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.