モラハラ夫と離婚調停して別れた体験談・子育て・シングルマザー・多種多様な生き方の情報を発信

モラハラ離婚ナビ

【モラハラ】乱暴運転をする人は殴る真似をする人と一緒な理由

モラハラ モラハラの心理

【モラハラ】乱暴運転をする人の心理は殴る真似をする人と一緒である

投稿日:2018年9月27日 更新日:

私の夫は、車の運転中に機嫌が悪くなると急ブレーキや急ハンドルを繰り返し乱暴運転をする人でした。

そして、これはDVをする人の心理とほとんど同じではないかと私は考えているのです。

DV加害者全員に当てはまる特徴

DV加害者と付き合ったり結婚してしまった人が、事前に相手がDV加害者だと分かる振る舞いは無かったのかという問いに対して、全員が「(冗談で)殴る真似をしていた」と答えたそうです。

DV加害者は付き合ったり結婚する前には実際に殴らずにふりをするだけの人がいます。
しかしこういった兆候のある人はいずれ本当に暴力を振るうようになります。

※もちろん、DVをする人が全員殴るふりをする人であるとは限りません。殴る真似をしてはいなかったけれど結婚したとたんに暴力をふるうようになったというケースもあります。

DV加害者の心理

なぜ暴力をふるってしまうのか・・・それは「暴力をふるえば自分の欲求を通すことができると知っているから」です。つまり、暴力の根底には、相手の意にそぐわないことでも自分の欲求を通すという目的があるのです。

以前も記事に書いたことがありますが、殺人事件の犯人を両親に持つAさんは、自分自身も両親から虐待されて育ち、幼いときから我慢することを強いられてきました。両親が捕まった後は、凶悪殺人事件の犯人の息子ということで周囲からいじめを受けてきたと言います。

ある時、周囲からの扱いに我慢の限界がきて暴力をふるってしまいました。そしてそのことで周りからの反応が全く変わりました。周りの反応を見て彼が思ったことが「暴力をふるえば、我慢しなくて済むと分かってスッとした」だったそうです。

今まで抑圧されて生きてきた彼は、暴力をふるって初めて自分の意見を通すことができ、自分に価値があると考えられるようになったのです。

この事件についてはこちらの記事で触れています。↓

 

なぜ殴る真似をするのか?

「冗談」はただのいいわけ

DV加害者が何の目的で殴る真似をするのか分かりますか?冗談と聞くと面白半分でやっているように聞こえますが、本当は冗談ではありません。加害者たちは「冗談と言えば殴ることさえも許される」と思っており、相手から殴る真似を糾弾されないためのいいわけにすぎません。

殴る真似はターゲットにふさわしいかどうかを見極めるための試し行為

DV加害者の根底には、どういう手段を使ってでも自分の欲求を通すことがあります。いずれかは自分の欲求を通すために暴力をふるおうと考えています。

つまり相手が暴力をふるっていうことを聞かせられる相手かどうかを見分けるために暴力をふるう真似をしているのだと考えられます。そして被害者に「俺の言うことを聞かないといつでも殴ってやるぞ」ということを暗に植え付けているのです。

 

モラハラやDVにおける乱暴運転の意味

ここでモラハラ加害者が行う乱暴運転について考えてみましょう。

夫は機嫌が悪くなると黙り込み、車の運転中であれば黙ったまま乱暴運転を始める人でした。

ここには、車の運転によってストレスを解消したいという意図は恐らくありません。

急ブレーキや急ハンドルを繰り返すと、乗っている方は命の危険にさらされます。本人は事故を起こす気はなくても、同乗者は車をコントロールできません。自分のコントロールできない車での乱暴運転は非常に恐怖を感じることは誰もが想像がつくことでしょう。

夫は、「言うことを聞かないのであれば、恐怖を味わうことになるぞ」と乱暴運転をすることで伝えたかったのだと思います。それは、DV加害者が殴る真似をするのと全く同じ心理から来ているのです。

 

DVとモラハラは手段が違うだけで根本的には一緒のもの

DVもモラハラも暴力をふるうのか、暴力以外の手段に出るのかの違いだけで、どちらも人の権利をはく奪し、自分の欲求の身を通そうとする心理が根本にあるのです。

そのためDV加害者がモラハラをやることもありますし、モラハラ加害者がいずれ暴力をふるうこともあると考えられます。

そしてこの2つの加害者に共通することは、自分の欲求をなにがなんでも押し通し、相手より上に立つことのみを優先させなければ気が済まないということです。

 

コミュニケーションの誤学習だけではない 幼少期から植え付けられた自己肯定感の低さが原因

モラハラやDVの原因はどちらも生育環境が一番に関係していると言われています。

幼少期の環境からコミュニケーション手段を誤って学習してしまったために、暴力やモラハラを使って人とコミュニケーションする方法しか備わってしません。

しかし、コミュニケーションを誤って学んでしまったことだけではなく、自己肯定感の低さから人から何が何でも搾取しなければ自分を保つことができないことが最も大きな原因であると考えられます。

モラハラやDVを受け続けると「自分は価値のない人間だ」と思い、その結果、自分や自分の人生に価値を見出せなくなります。

人を攻撃して勝った時にのみ自分の存在価値が生まれたと感じます。

こうしてひとを攻撃しなければ生きることができない人がDVやモラハラ加害者なのです。

 

被害を受けたときの相談先

モラハラ被害を受けたときの相談先をまとめました。もしあなたが被害者になってしまったら、一刻も早く相談することをオススメします。

まとめ

車の運転で人が変わったようになる人は要注意です!

あなたのパートナーは大丈夫ですか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PICK UP記事と広告

モラハラ関連人気記事

【知れば未来が変わる】モラハラ夫への対策まとめ 1

モラハラ夫への対策をまとめた記事です。 この記事に載っているものはすべて、 モラハラ夫を変えたり、 ましてや モラハラを治すこと を目標とはしていません。 モラハラ夫と共同生活を続けるうえで大切なのは ...

モラハラ夫との離婚準備は水面下で!離婚準備の注意点まとめ 2

結婚しようと決めてから、実際に結婚するまで期間があるように、離婚も離婚したいと相手に伝えてから実際に離婚するまでには期間があります。 離婚届を出すまでに、親権、財産分与、面会交流、慰謝料、養育費などの ...

モラハラの慰謝料と現実 私が離婚調停で感じたこと 3

モラハラを受けた被害者の中には、相手から慰謝料をもらわなければ気が済まない方もいらっしゃると思います。 私自身も調停の途中から「なにがなんでも慰謝料を支払ってもらう!」という気持ちでいましたし、被害が ...

-モラハラ, モラハラの心理
-, , , , ,

Copyright© モラハラ離婚ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.