モラハラ夫と離婚調停して別れた体験談・子育て・シングルマザー・多種多様な生き方の情報を発信

モラハラ離婚ナビ

面会交流と養育費

婚姻費用・養育費 離婚 面会交流

【離婚】養育費をもらうためには面会交流をやるべきなの?

投稿日:2018年8月15日 更新日:

「養育費を支払ってもらうために、本当は嫌な面会交流を続けています。」

「面会を断ったら養育費の支払いが途切れるのではないかとビクビクして、断ることができません。」

お金を支払ってもらう立場とお金をもらう立場。

離婚後もこの関係に悩まされることは少なくはありません。

実際に、「養育費」と「面会交流」にはどのような関係があるのでしょうか?

1.国は子どもがいる場合の離婚では「養育費」と「面会交流」を話し合うように勧めている

養育費と面会交流については、現在調停で離婚をする場合、必ず調停員から話し合いをすすめられます。

それだけでなくこれから離婚をするカップルに「養育費」と「面会交流」の取り決めを周知できるように離婚届けにも変化が表われています。

1-1.新しくなった離婚届には「養育費」と「面会交流」のアンケートが記載されている

離婚届けに「面会交流」「養育費の分担」について取り決めをしているかどうかを記入する項目が平成24年4月から追加されるようになりました。

このように、国が養育費の支払いと面会交流の実施を推進する方向で進んでいます。

1-2.養育費や面会交流の相談先も案内される

離婚届けを出すときに上の二項目で「まだ決めていない」にチェックをした場合、役所から養育費相談の案内が渡されます。養育費に関する相談のほか、面会交流等の問題も含めた相談ができます。

また、厚生労働省の委託事業「養育費支援センター」という機関があります。

こちらはサイト上でも養育費や面会交流に関するQ&Aをまとめていますので、一度ご覧になると良いと思います。

厚生労働省の委託事業「養育費支援センター」:http://www.youikuhi-soudan.jp/

2.養育費の現状はほとんど支払われていない!

養育費の支払いは年収に関わらず支払われていない割合が実に全体の半分以上占めています。

2-1.平成28年 シングルマザーの養育費受給状況は?

下記のデータは平成28年に厚生労働省が行ったアンケートの結果です。

平成28年 シングルマザーの養育費受給状況

養育費を受け続けているのは、全体の約2割にとどまり、過去に養育費を受けたが、現在は受けていない「養育費を受けたことがある」が15.5%、一度も養育費を受け取ったことがない「養育費を受けたことがない」人は何と56%にも上ります。

平成23年の調査と比較すると、
「現在も養育費を受けている」 19.7% → 24.3%
「養育費を受けたことがある」 15.8% → 15.5%
「養育費を受けたことない」 60.7% → 56.0%
と数値を見ると受け取っている人はやや増加しているものの依然として低い状態が続いています。

2-2.全体の8割弱が3年以内に支払われなくなる。

また、こちらは別のデータですが、平成23年に養育費支援センターが実施したアンケート結果です。

養育費が支払われなくなるまでの年数

「1年未満」34.6%、「3年未満」43.6%を合計すると、78.2%。

約8割弱が決めた養育費を3年以内に支払わなくなるという結果が出ています。

取り決めをしても、支払われなくなるパターンは約8割。ほとんどの人が支払わなくなるという驚異的な数字が出ています。

3.面会交流はどのくらい実施されているの?

3-1.シングルマザーの面会交流の実施状況は?

平成28年に厚生労働省が行ったアンケートの結果です。

平成28年 シングルマザー面会交流実施状況

面会交流の実施が続いているのは、29.8%で約3割にとどまり、面会交流を行っていたこともあったが現在は行われていない「面会交流を行ったことがある」が19.1%、一度も面会交流を行ったことがない人は46.3%と高い数値になりました。

離婚後、一度も別居親に会えない子どもは約半数もいるということが分かります。

4.面会交流と養育費の支払いは密接な関係がある!?

面会交流を行っている、養育費を受け取っているのはそれぞれ約3割であるということがアンケート結果から分かりました。

もちろん、面会交流は行っているが養育費は支払ってもらっていない、養育費は支払ってもらっているが面会交流は行っていない家庭もあると思いますので、一概には言えませんが、数値の高い類似性を見る限り、面会交流の実施と養育費の支払いは密接な関係があると言えます。

5.離婚後も「面会交流」と「養育費」は要求ができる

5-1.平成28年 シングルマザーの養育費の取り決め状況は?

シングルマザーの養育費の取り決め状況
「養育費の取り決めをしている」人は42.9%、「養育費の取り決めをしていない」人は54.2%と言う結果になりました。

5-2.平成28年 シングルマザーの面会交流の取り決め状況は?

シングルマザーの面会交流の取り決め状況

「面会交流の取り決めをしている」人は24.1%、「面会交流の取り決めをしていない」人は70.3%と言う結果になりました。

離婚に当たって、面会交流と養育費の取り決めをしていないカップルは半数以上ということが分かります。面会交流においては、約7割が取り決めをしていません。

話し合いができなかったり、まずは離婚と言うことで条件を話し合わないまま離婚に至るカップルは多いようです。

離婚した後でも、面会交流と養育費は相手に請求することができます。

相手との話し合いが困難である場合には、調停制度や相談窓口を上手に活用してみましょう。

6.面会交流と養育費の切っても切れない関係とは?

面会交流と養育費は実は切っても切り離せない関係にあります。

もちろん、養育費の支払いと面会交流の実施は別問題です。

養育費を支払わないからと言って面会交流を制限することはできませんし、子どもに合わせてもらえないからと言って養育費の支払いが免除になることはありません。

しかし、人間は感情のある生き物なので、養育費を支払っているのに子どもと会えないのが納得いかないのは誰しも理解できることであると思います。

教育費支援センターでは、継続的な養育費の支払いを促すためにも定期的な面会交流が有効であると案内しています。

養育費も面会交流も子どもの権利です。一方で別居親側からすれば、物理的に距離が離れてしまうと、心の距離が離れてしまうのも仕方がないのかもしれません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PICK UP記事と広告

モラハラ関連人気記事

【知れば未来が変わる】モラハラ夫への対策まとめ 1

モラハラ夫への対策をまとめた記事です。 この記事に載っているものはすべて、 モラハラ夫を変えたり、 ましてや モラハラを治すこと を目標とはしていません。 モラハラ夫と共同生活を続けるうえで大切なのは ...

モラハラ夫との離婚準備は水面下で!離婚準備の注意点まとめ 2

結婚しようと決めてから、実際に結婚するまで期間があるように、離婚も離婚したいと相手に伝えてから実際に離婚するまでには期間があります。 離婚届を出すまでに、親権、財産分与、面会交流、慰謝料、養育費などの ...

離婚調停の流れ 3

まさか、自分が家庭裁判所に足を運ぶことになるとは夢にも思っていなかった、離婚調停を申し込むときにそう思う方も多いのではないでしょうか。 私も、初めて家庭裁判所に行ったとき、やたらと緊張したことを覚えて ...

-婚姻費用・養育費, 離婚, 面会交流
-, , , , , ,

Copyright© モラハラ離婚ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.