モラハラ夫と離婚調停して別れた体験談・子育て・シングルマザー・多種多様な生き方の情報を発信

モラハラ離婚ナビ

モラハラ夫から逃げるなら早めがいい理由!

モラハラ モラハラとの決別

モラハラ夫から逃げるなら早めがいい理由!

投稿日:2019年5月7日 更新日:

モラハラ加害者との関係は早めに清算することが大切です。年を取れば取るほど、モラハラ夫から逃げるのも難しくなります。

その理由をまとめました。

理由①モラハラ夫が年を取れば取るほど、妻や家族に執着がひどくなる

こちらの記事(自己愛性パーソナリティ障害の末路 モラハラ夫が年を取ると…?)でも書かせていただきましたが、モラハラ加害者たちは人間関係を切って捨てては、新しい人間関係を作るということを繰り返します。若いうちはそれでも新しい人との関係が舞い込んでくるのですが、年を取るにつれて出会いが少なくなってきます。新しい出会いがなくなると、今までの人間関係もない彼らにとって唯一あるのは、今の家族か、もしくはかつて関係を切った人たちです。

孤独になると分かった途端、モラハラ加害者は、古い人間関係に固執するようになります。

親が死に、友人関係でも疎遠になり、残る人間関係は今の家族になると、家族への依存が高くなります。離婚しようにも離れられない、離れても何かと粘着してくるようになり、関係を断ち切ることが難しくなります。

一度離婚などで縁が切れたとしても、再び接触しようと連絡をしてくることもあります。再び捕まった時に、同じように逃げ出すことができるかどうかは分かりません。

理由②モラハラ夫は年を取れば取るほど、モラハラが悪化する

モラハラの原因となる自己愛性パーソナリティ障害は、年を取るほど脳が「固定」されていくため、治りにくくなり、言動も悪化していくと言われています。(詳しくはこちらの記事をご覧ください。→自己愛性パーソナリティ障害は年を取ると悪化する

身体能力や外見の衰えなどで魅力を失っていくと同時に、人が離れていくようになります。また、理想像と現実のギャップがさらに大きくなり、自己否定の苦しみも大きくなります。苦しみの反動として周囲に当たり散らし、モラハラがエスカレートしていきます。

年を取り、うまくいかないことがあると「もしかして自分に何か原因があるのかも」と気づく場合もありますが、家族など支配を続けられる人がいる場合は自己を省みることはありません。

その結果、さらにエスカレートしていったモラハラに家族は苦しむことになります。

モラハラの悪化についての関連記事

理由③モラハラ夫は年を取れば取るほど、治らなくなる

モラハラが治るか治らないかの明確な違いは、「自覚を早くできたかどうか」、「治療が早くできたかどうか」にあると思っています。

つまり、現在もう治らない(治すのが難しい)モラハラ加害者でも、若いころであれば治る可能性があったと考えられます。

自己愛性パーソナリティ障害の人と一緒にいるとよく分かるのは、年数を重ねるごとに症状がひどくなっていくということです。何もしないままで自然と治るということはありませんし、放っておけば、自己愛性パーソナリティ障害はどんどんとひどくなってしまいます。

モラハラが治った(抑えることができている)私の友人は、モラハラを自覚したのは10代の頃でした。そして、自覚してすぐに治す努力をし、治すまでにも年月がかかったそうです。自覚すれば治るものではなく、自覚した後にも治すまでには時間がかかるのです。

10代、20代、30代、40代、50代と年齢を重ねていくにつれ、モラハラをしている人生は長くなっていきます。年を重ねれば重ねるほど、自覚してからも治すまでには長い年月が必要になっていきます。

自覚もないモラハラ夫が「いつか治る」、「いつか分かってくれる」ことはありません。また、出会った時点ですでに治らないモラハラ夫である可能性だってあります。

治らないモラハラについての関連記事

理由④被害者の被害も大きくなっていく

モラハラ夫と生活は、妻や家族の精神を蝕んでいきます。最終的にうつ病、パニック障害などの精神的な病を発症してしまうケースも少なくありません。心の病はすぐには治りません、そして一度発症すると完治が難しいものもあります。

できれば、病気になる前にモラハラ夫と離れることが望ましいでしょう。

別居や離婚でモラハラがなくなっても、別の病に苦しむことになり、モラハラ夫と関わったばかりに人生を台無しにされてしまってはいけません。

まとめ

若いときに自覚し、改善できた場合は、そこからの長い人生をモラハラのない人生として歩むことができます。そこからの人間関係の在り方はぐっと変わるでしょう。しかし、晩年になり、自己愛性パーソナリティ障害を自覚したところで、今更人生が大幅に変わることはありません。

被害者は、できれば早くモラハラ夫と離れ、方向転換した人生を歩んでほしいと切に願います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PICK UP記事と広告

モラハラ関連人気記事

【知れば未来が変わる】モラハラ夫への対策まとめ 1

モラハラ夫への対策をまとめた記事です。 この記事に載っているものはすべて、 モラハラ夫を変えたり、 ましてや モラハラを治すこと を目標とはしていません。 モラハラ夫と共同生活を続けるうえで大切なのは ...

モラハラ夫との離婚準備は水面下で!離婚準備の注意点まとめ 2

結婚しようと決めてから、実際に結婚するまで期間があるように、離婚も離婚したいと相手に伝えてから実際に離婚するまでには期間があります。 離婚届を出すまでに、親権、財産分与、面会交流、慰謝料、養育費などの ...

モラハラの慰謝料と現実 私が離婚調停で感じたこと 3

モラハラを受けた被害者の中には、相手から慰謝料をもらわなければ気が済まない方もいらっしゃると思います。 私自身も調停の途中から「なにがなんでも慰謝料を支払ってもらう!」という気持ちでいましたし、被害が ...

-モラハラ, モラハラとの決別
-, , , ,

Copyright© モラハラ離婚ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.