モラハラ夫と離婚調停して別れた体験談・子育て・シングルマザー・多種多様な生き方の情報を発信

モラハラ離婚ナビ

モラハラ加害者はなぜ報復されないのか

モラハラ モラハラの末路

モラハラ加害者はなぜ報復されないのか?私の黒い気持ちを吐き出してみる

投稿日:2018年9月28日 更新日:

モラハラやDVに遭った被害者の人は、加害者に何らかの報復を与えようと考えている人は少ない傾向にあります。それは、相手への恐怖を抱えているのも理由の一つですが、その他にも理由があります。

今回は、言葉の暴力と報復について焦点を当てながら、モラハラ加害者がなぜ被害者から報復を受けないのかについて読み解いていこうと思います。

言葉の暴力と殺意について

侮辱の報復行為は人を殺すことすらある

人が他人に殺意を抱く理由の中で、最も多いのが「侮辱されたこと」によるものであるという調査結果があります。人に暴言を吐くことは、時に命の危険を伴うほどの報復行為を受けることがあるのです。

モラハラ加害者はいろんなところで人から恨みを買って、いつ報復されてもいいような気がします。しかし現実には、周囲から人は去っていくことの方が多く、報復を受けるほどのことはあまりありません。

それはなぜでしょうか?

モラハラ加害者は、自分に報復しない人を意識して被害者に選んでいる

モラハラ加害者はもともとはモラハラを受けてきた被害者であることが多く、日常的にモラハラを受けてきたことにより周囲の反応にとても敏感です。なぜなら、相手の顔色をうかがうことに長けていなくては、モラハラ加害者の機嫌次第で自分が被害に遭わなくてはいけなかったからです。幼いときからどうすれば自分がいかに被害に遭わずに済むかを考えながら生きてきたため、周囲からの評価や周囲の人の性格や力関係を把握する力が備わっています。

モラハラ加害者は相手がどんな人であるかをよく見抜きます。自分よりも強いのか弱いのか怒りをどの程度で感じて怒りを感じたときにどんな反応をするのかをよく観察しています。そのため、試し行動のようなことをすることもあります。

(※詳しくは、こちらの記事をご覧ください。↓)

【モラハラ】乱暴運転をする人は殴る真似をする人と一緒な理由
【モラハラ】乱暴運転をする人の心理は殴る真似をする人と一緒である

私の夫は、車の運転中に機嫌が悪くなると急ブレーキや急ハンドルを繰り返し乱暴運転をする人でした。 そして、これはDVをする人の心理とほとんど同じではないかと私は考えているのです。 目次DV加害者全員に当 ...

続きを見る

モラハラ加害者は怒りを感じにくく優しい人を被害者に選びます。そして被害者の人はたいてい怒りを外に出さないおおらかなタイプの人が多いのです。

モラハラ加害者は、相手から恨みを買わないようにうまく被害者を攻撃する

人は侮辱をされたことで相手に恨みの感情を持つことがありますが、モラハラ加害者は相手から恨みを買わないように上手に人を侮辱してきます。上手に侮辱するというのは何ともおかしな日本語のようですが、これからの話をまとめるとその言葉の意味がよく理解していただけるかと思います。

なぜ人は侮辱されることに怒りを感じるのか

まず、人が侮辱されることに怒りを感じる理由を説明しましょう。

人間が生きていく上で密接な関係があるのは社会とのかかわりです。人は、家庭、社会、地域などの集団の中で生きており、その中での評価というのが生きていく上で重要な役割を果たします。

たとえば、人前で「お前は嘘つきだ!泥棒だ!」と侮辱されたとします。もしその侮辱に反論しなければ、その内容が嘘であっても周囲からは「あの人は嘘付きで泥棒だ」とみなされてしまう可能性があります。「嘘つきだ」と思われてしまえば何を言っても周りから信用してもらえなくなりますし、「泥棒だ」と思われてしまえば犯罪の犯人に仕立て上げられてしまうかもしれません。そして、そんな「嘘つきで泥棒な悪いやつは出て行け」とそのコミュニティから排除されてしまう可能性もあります。

最近ではSNSなどで悪い噂の広まった店舗が廃業に追い込まれるといったことも起きています。噂には尾ひれがつくものなので、その中のすべてが真実であったかどうかは分かりません。しかし、悪い評判はいともたやすく店1軒をつぶすことができてしまうのです。そして廃業に追い込まれた人は、苦しい生活をしなくてはならないでしょう。

このことから、人前で侮辱することは、「コミュニティの中で生きていくことに異議を唱え、排除する」力があることが分かります。

つまり私たちは、周囲からの評価によって、コミュニティの中で生きていけるかが決定するのです。それは時には暴力以上に自分の命を脅かすものになりかねません。自分の命を守るために、侮辱に対して過敏に反応するのです。

モラハラ加害者が人を侮辱するときは、「常識がない」「みんながおかしいと思っている」など集団の力を借りる

私たちは、侮辱に対して身を護るために反応し、時には報復すら考えることがあります。そして人を侮辱しながら生きている人は常にその報復の被害に遭う可能性があるのです。しかし、モラハラ加害者はそうした報復を避けるために「自分が被害者を攻撃しているように見えない構図」を作り上げることに長けています。具体的には、「常識」「みんな」という言葉を使うことで、攻撃対象を自分からその他大勢に変えるのです。

被害者はこうした発言によって怒りや報復の矛先をどこに向けていいのかが分からなくなります。(ましてや自分自身が本当に間違っていると思い込むことすらあります。)

モラハラ加害者はモラハラによって恨みを買わないようにうまい言葉を選び、人から攻撃されるのを未然に防いでいるのです。

まとめ

モラハラ加害者は頭のいい人が多い

私は、モラハラ加害者は感心するほど頭が回ると思っています。

実際に、DVやモラハラ加害者は高い社会的地位にいる確率が高く、知恵や頭が回る人が多いのでしょう。

そしてその頭の良さを「人を攻撃することに使っている」というのは非常に残念なことです。

将来的にはモラハラ加害者への社会的制裁ができるようになってほしい

自分が被害者だと気づいたら、加害者に報復行為をしていいということではありません。できれば報復など考えずに心穏やかに暮らしていくことの方が何倍も有意義な人生が送れるはずです。

しかしこういった理由から、モラハラ加害者は誰からも報復されずに、今ものうのうと生きて、さらに被害者を増やしてしまうことにもなります。

DVのように何か社会的な制裁を加えることができるようになってほしいですね。

ナマモノ(筆者)
モラハラ加害者こそコミュニティから排除されるべき!どうかモラハラ加害者が長生きしませんように・・・。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PICK UP記事と広告

モラハラ関連人気記事

【知れば未来が変わる】モラハラ夫への対策まとめ 1

モラハラ夫への対策をまとめた記事です。 この記事に載っているものはすべて、 モラハラ夫を変えたり、 ましてや モラハラを治すこと を目標とはしていません。 モラハラ夫と共同生活を続けるうえで大切なのは ...

モラハラ夫との離婚準備は水面下で!離婚準備の注意点まとめ 2

結婚しようと決めてから、実際に結婚するまで期間があるように、離婚も離婚したいと相手に伝えてから実際に離婚するまでには期間があります。 離婚届を出すまでに、親権、財産分与、面会交流、慰謝料、養育費などの ...

モラハラの慰謝料と現実 私が離婚調停で感じたこと 3

モラハラを受けた被害者の中には、相手から慰謝料をもらわなければ気が済まない方もいらっしゃると思います。 私自身も調停の途中から「なにがなんでも慰謝料を支払ってもらう!」という気持ちでいましたし、被害が ...

-モラハラ, モラハラの末路
-, , ,

Copyright© モラハラ離婚ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.