モラハラ夫と離婚調停して別れた体験談・子育て・シングルマザー・多種多様な生き方の情報を発信

モラハラ離婚ナビ

モラハラをする人間は良い人なのか?悪い人なのか?

モラハラ モラハラとは

モラハラをする人間は良い人?悪い人?元夫が見せた2つの側面から考える

投稿日:2018年10月24日 更新日:

私たちは、みな欠点をもって生きています。

全てが完璧で、良いところしかないという人はごくごく稀です。ほとんどいないと言ってもいいでしょう。

たとえ欠点があったとしても、私たちは、お互いに良いところを認めて人付き合いをすることができますし、時には価値観でぶつかったり喧嘩をしながらも人生を共に生きていくこともできます。

欠点があれば、その人が悪い人間かと言えばそうではありません。多くの人は欠点を持ちながら、これまた多くの人から愛されることができますし、私たちも欠点がある人を愛することもできるのです。

今回は「モラハラをする人間はどういう人間か」について、私なりに考察をしてみましたので、お話します。

愛する人や親でも欠点があることを知っている

たとえば、小さい頃は絶対的な存在である親であったとしても、私たち自身が大人になってくると、親の欠点を知るところとなります。親の欠点が見えたとしても、親のことをすぐに嫌いになるわけではありませんよね。その欠点があってもなお、大好きな人たちには変わりがないはずです。

また逆に、自分自身が親になった時も「完璧な親」になれるかと言えばそうではありません。

もっとも愛する人にだって欠点があります。

そして、私たちはそのことをよく知っています。

モラハラ加害者にも良いところがある

モラハラ加害者は、良心もなく、人の気持ちも分からず、利己的で人を攻撃するばかりの欠陥人間だと思っている方もいるかもしれません。

実はそれは私たちが思い浮かべる悪人のイメージであり、実際のモラハラ加害者は違います。

モラハラ加害者のそばにいた人はよくご存じだと思いますが、モラハラ加害者にも実は良いところがあるのです。

モラハラを受け続けている多くの配偶者たちがなぜ離婚をしないのかというと、モラハラ加害者が欠陥ばかりの人間ではないためです。

時には愛情のようなものを見せたり、時には冗談を言い合って笑いあうなど人間味のある部分もあります。

人間は誰しも欠点があり、欠点があっても仲良く付き合うことができるために、配偶者がモラハラをするかと言ってすぐに縁を切れないのです。

 

では、良い人とは?悪い人とは?

みんな良いところと悪いところを持ち合わせているのにもかかわらず、「あの人は良い人だ」とか「悪い人だ」とか人を評価しますよね。

良い人というのは完全にいいところしかない人のことではありませんし、悪い人というのも悪いところしかない人でもありません。

では、どうやって良い人と悪い人を判定しているのでしょうか?

それは、自分の価値観の中で許容できない悪い部分を持っている人は「悪い人」になり、欠点が許容できたり、欠点以上の良いところがある場合は「良い人」になるのだと考えられます。簡単に言ってしまえば、良いところがよく見える人は「良い人」で、悪いところがよく見える人は「悪い人」なわけです。

また、人によって「良い人」「悪い人」の基準は違い、ある人から見たら「良い人」に見える人でもまたある人から見れば「悪い人」と評価されたりもします。

 

モラハラという欠点は受け入れられる?

モラハラ加害者も他の誰しもと同じように、良い点と悪い点がある中の悪い点の一部がモラハラということです。

実は私の夫はとても友人が多く、結婚式にも多くの方が参列してくれました。夫はリーダシップがあり、ボランティア精神にもあふれる人物であったので、何かと人が集まる場所ではリーダーを務め、多くの友人から感謝されることが多かったように感じます。

私自身も、私が持っていない夫の長所をとても尊敬していましたし、だからこそこの人と一緒に人生を歩みたいと考えて結婚をしました。

しかし結婚生活が始まると、夫は一変。結婚後の夫には以前のような尊敬できる姿はありませんでした。

 

モラハラ加害者と付き合い続けることができるかどうかは、モラハラという欠点を知った後も、相手への評価を「良い人」だと考え続けられるかどうかであると思います。

モラハラという欠点と本人の長所を比べたときに、モラハラを受け入れることができるのであれば、関係を続けることもできると思います。人によってはモラハラの頻度が低かったり、またはモラハラが軽度である場合もあり、その場合は長所の方が上回る可能性があるからです。

モラハラ加害者は良い人?悪い人?

私自身は、モラハラ加害者は悪い人であると考えています。

またモラハラをするような人間とは付き合う必要はないとも考えています。

その理由は、モラハラ加害者は「人を傷つけることに罪悪感がない人間である」からです。その1点のみで、私にとっては、他のどんな長所も塗りつぶしてしまうくらいのどうしようない欠点だと考えます。

私が夫に「そういうことは嫌な気持ちになるからやめてほしい」とお願いしたことは全部あえてやってくる人でした。嫌がることは私の弱点であり、弱点を攻撃すれば自分が上の立場としてふるまえると思っていたようでした。人の尊厳を踏みにじるようなことを平気でできる人とは、やはりうまく付き合っていくことができません。

もしかしたら、離婚して距離が離れたおかげで元夫の「良い部分」を再び知る機会もあるかもしれません。それでも今後、元夫を「良い人」だと評価できるようになる日は来ないでしょう。そして理解できる日も一生来ないでしょう。

治るモラハラ、治らないモラハラ、違い
治るモラハラ、治らないモラハラはココが違った!

以前の記事で、モラハラの人の脳の働きについて書きました。 モラハラの人のそばにいると、一番感じるのは何よりも違和感です。それは、普通の人が持っている「良心」がないから。しかし、モラハラ加害者も演技する ...

続きを見る

本当の優しい人とは
「優しい人」とは自己主張できない大人しい人のことではない

「優しさ」とは何でしょうか? 夫は義父から「優しい」と言われていました。また夫の友人からも同様に評価を受けていたように思います。 しかし、実際は家庭内でモラハラをする人物でした。 ひとりの同一人物に対 ...

続きを見る

いい人に疲れたらやるべきこと
いい人をやめたい!「いい人」でいるのに疲れたらやる8つのこと

いい人でありたいと頑張っている人へ。 人間関係で疲れたら、一度実践してみてください。自分の疲れが取れるだけでなく、良い人間関係が芽生えたり、大切な人との時間が増えるなど良いことが起こるはずですよ。 目 ...

続きを見る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PICK UP記事と広告

モラハラ関連人気記事

【知れば未来が変わる】モラハラ夫への対策まとめ 1

モラハラ夫への対策をまとめた記事です。 この記事に載っているものはすべて、 モラハラ夫を変えたり、 ましてや モラハラを治すこと を目標とはしていません。 モラハラ夫と共同生活を続けるうえで大切なのは ...

モラハラ夫との離婚準備は水面下で!離婚準備の注意点まとめ 2

結婚しようと決めてから、実際に結婚するまで期間があるように、離婚も離婚したいと相手に伝えてから実際に離婚するまでには期間があります。 離婚届を出すまでに、親権、財産分与、面会交流、慰謝料、養育費などの ...

モラハラの慰謝料と現実 私が離婚調停で感じたこと 3

モラハラを受けた被害者の中には、相手から慰謝料をもらわなければ気が済まない方もいらっしゃると思います。 私自身も調停の途中から「なにがなんでも慰謝料を支払ってもらう!」という気持ちでいましたし、被害が ...

-モラハラ, モラハラとは
-, , , , ,

Copyright© モラハラ離婚ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.