モラハラ夫と離婚調停して別れた体験談・子育て・シングルマザー・多種多様な生き方の情報を発信

モラハラ離婚ナビ

「モラハラをするのはお前のせい」は「自分は無能だ」という自己紹介だと思っておこう

モラハラ モラハラ対策・対処法

「モラハラをするのはお前のせい」は「自分は無能だ」という自己紹介だと思っておこう

投稿日:2019年2月5日 更新日:

モラハラ加害者は被害者に罪悪感を植え付けるために、自分の異常行動をすべて被害者の責任にします。「おまえのせいで怒鳴ってしまうんだ!」「ルールを課すのはお前が俺を心配させるせいだ」「お前が至らないせいでこうするしかないんだ!」こういったことを日常的に嘯きます。

もしこれが本当であるならば、被害者はモラハラ加害者のモラハラをコントロールできることになります。被害者の言動のためにモラハラが出てくるのであれば、被害者が振る舞いを変えればモラハラは簡単に治まるはずです。しかし、モラハラは治まるどころか、加速しひどくなっていきます。

「モラハラはお前のせい」の矛盾点

「モラハラをする」ほうは被害者がコントロールできるのに、「モラハラをしない」のを被害者がコントロールできないのは矛盾しています。アクセルを踏めば加速するのに、ブレーキを踏んでも止まらない車のようです。それは、車の方に問題があるとしか言えません。

私の体験談

義両親からは、「息子(夫)がこうなったのはお前(私)のせい」と言われ続けていました。また、夫が決めたことに対しても、義両親が不満に思っていることは「あなたが反対をしなかったのが悪い。息子に責任はなく、すべてそれを止めなかったあなたに非がある」と言われました。夫自身も、自分の行動の悪いところはすべて妻のせいだと思っていたようです。

責任転嫁の背景には、コントロールしたい気持ちと「無能」があった

なぜ、すべての責任を他人に押し付けるのでしょうか。もちろん被害者に罪悪感を植え付けてコントロールしたい気持ちもありますが、モラハラ加害者に共通していることがあります。それは問題解決能力がほとんどないということです。

トラブルが起こったときに自分が解決しようという気持ちとその能力がある人であれば、人に責任を押し付ける必要はありません。自分で解決したほうが手っ取り早く、確実に解決できるからです。その方が、責任を押し付けあっているよりずっと建設的で有意義です。

問題解決能力が高い人は、主に3つの能力が高いとされています。

  1. 問題を認識する力
    問題が何であるかを正確に把握し、「何が」「どのように」問題であったかを認識する力です。
  2. 問題を分析する力
    問題の原因を分析・調査する力です。原因を正しく探ることで必要な解決策を導き出すことができます。
  3. 解決策を導き出す力
    「だれが」「どのように」「いつまでに」解決するか解決策を導き出す力です。

人に責任を押し付けるモラハラ加害者は、このいずれの能力も持ち合わせていません。

まず、問題を正しく認識することができないため、何がどう問題であったのかを理解することができません。そのため、必要以上にトラブルに対して過敏に反応し、攻撃的になります。

また、客観的な視点を持ってトラブルを正確に把握、分析できないため自分が「被害者」であることに固執し、自分が解決するべきものではなく、加害者(もしくは別の第三者)に解決してもらう問題だと思っています。

こういった態度は更なる問題を引き起こし、解決につながらないばかりか、トラブルをより大きくしてしまうことすらあります。モラハラ加害者の周りにトラブルが発生しやすい原因は、自ら問題を大きくし、トラブルを呼び込んでしまうからです。

また起こったトラブルに対して自分が被害者だという意識が強く働くため、相手に罰を課すことにためらいがありません。

 「モラハラをするのはお前のせい」は、「自分で自分をコントロールする能力がない」と公言しているようなもの

ここで、冒頭の話に戻りますが、モラハラ加害者がモラハラの責任を被害者に押し付けるのは、自分で問題を解決する能力がないためです。そして、その言葉で被害者は「自分のせいで(モラハラ加害者が)苦しむことになっている」と加害者意識にさいなまされ、苦しむことになります。

しかし、この発言で気づいてほしいのは、「自分で自分の行動をコントロールできない」ことをモラハラ加害者自らが認め、公言しているということです。それは、自分のことも自分で制御できない無能であるという意味です。

普通の人であれば、自分の行動を自分でコントロールできないなんてことはありません。

つまりこのセリフが飛び出してきたときには、「この人は自ら無能だと発言している」と受け取っておけば大丈夫です。あなたが責任を感じ、罪悪感で苦しむ必要はありません。

私の体験談

夫からも義両親からも、夫の問題行動の責任を取るように言われていました。「妻が心地いい家庭を作らないから、職場で怒鳴ったり対人関係で問題が生じる」と言われ、職場での問題行動ですら私の責任でした。私の責任の幅はどんどんと広がっていきました。

ナマモノ(筆者)
そのうち、ポストが赤いのも私のせいにされるのではないかと思いましたよ

まとめ

相手のことを「無責任」だというのは、半分正しく、半分間違っています。彼らには最初からその能力はありません。正しくは、「無能」です。

しかし、あなたが代わりにこの責任を取ってはいけません。モラハラ加害者は自分で責任を取らなくていいと分かるとモラハラを加速させます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PICK UP記事と広告

モラハラ関連人気記事

【知れば未来が変わる】モラハラ夫への対策まとめ 1

モラハラ夫への対策をまとめた記事です。 この記事に載っているものはすべて、 モラハラ夫を変えたり、 ましてや モラハラを治すこと を目標とはしていません。 モラハラ夫と共同生活を続けるうえで大切なのは ...

モラハラ夫との離婚準備は水面下で!離婚準備の注意点まとめ 2

結婚しようと決めてから、実際に結婚するまで期間があるように、離婚も離婚したいと相手に伝えてから実際に離婚するまでには期間があります。 離婚届を出すまでに、親権、財産分与、面会交流、慰謝料、養育費などの ...

モラハラの慰謝料と現実 私が離婚調停で感じたこと 3

モラハラを受けた被害者の中には、相手から慰謝料をもらわなければ気が済まない方もいらっしゃると思います。 私自身も調停の途中から「なにがなんでも慰謝料を支払ってもらう!」という気持ちでいましたし、被害が ...

-モラハラ, モラハラ対策・対処法
-, , ,

Copyright© モラハラ離婚ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.