モラハラ夫と離婚調停して別れた体験談・子育て・シングルマザー・多種多様な生き方の情報を発信

モラハラ離婚ナビ

虐待・DV・モラハラ加害者は被害者の苦しみなんて考えていない!自分の保身の方が大事

モラハラ モラハラの心理

虐待・DV・モラハラ加害者の信じられない心理

投稿日:2019年3月10日 更新日:

虐待や暴力、DV、モラハラは必ず加速していきます。最初は何とか我慢できていたことも次第に心身に大きなダメージを与えることになります。

こちらの記事でも書かせていただきましたが、虐待を含めた暴力、DV 、モラハラには中毒性・依存性があるとする専門家もいます。

虐待をすることで支配欲、所有欲などを満たし、次第に虐待をすれば快楽を感じるようになっていくそうです。最初は小突くだけであったような些細な暴力がいずれは大けがを招くほどの激しい暴力へと変わっていきます。モラハラも同じように加速していきます。その背景にあるのは、「快楽を感じるためにより強い刺激を求めるようになるため」だと考えられます。

そして、私はこの虐待行為による快楽ともう一つ虐待を加速する原因となるものがあると考えています。

(以下、虐待・暴力・DV・モラハラを含めてすべて「虐待」としています。)

虐待が加速する原因となる「虐待発覚への強い恐怖」

虐待親の中には、虐待が発覚しても平然と「そんなことをしていない」「覚えていない」と嘘をつく人がいます。この人たちに共通するのは、虐待へのストッパー(罪悪感)がないことです。(詳しくはこちらの記事をご覧ください。)

しかし、虐待自体が悪いことであるという認識はあり、虐待行為がバレれば、自分が何らかの罰を受けることもよく分かっています。

そこで、虐待が発覚しないように細心の注意を払いながら虐待をします。

たとえば、

  • 自分と被害者が二人きり
  • 家の中などの密室
  • 服の上からアザが見えない場所を殴ったり蹴ったりする

といったことは明らかに虐待を隠そうとする心理から来る行動です。

もし疑いの目を向けられたとしたら「自分はやっていない」もしくは「しつけだった」というスタンスを貫き通します。

ストッパーのない加害者たちは

虐待はしたいが、虐待をしたことはバレたくない

と考えているのです。

しかし、虐待は被害者本人が訴えたらすぐに発覚してしまいます。そのために、虐待を訴えないように精神的にも支配をするのです。

つまり虐待発覚への恐怖は、被害者への支配を強くすることで被害者が他人に被害を訴えられないようにする力へと変わっていくのです。

虐待行為が発覚した後、加害者はより暴力や支配を強くすることで、次の発覚を防ごうとする

ここでもし、虐待が発覚してしまったらどうなるでしょうか。

もし虐待をしてしまった人が、罪悪感があるけれども心身の状態や経済状況などから自分で自分をコントロールできずに虐待をしていた場合(ストッパーのある人)、「虐待が発覚したことで、もう我が子が被害に遭わずに済む」と安堵するでしょう。それほど追い詰められた状況におかれ、虐待をしてしまう人もいます。

しかし、罪悪感のない人の場合は話が違ってきます。

自分は虐待をしていないのに虚偽の罪を着せられた被害者である

と訴えるのです。

そしてそのせいで不当な扱いや何らかの不利益を被っている

とさえも考えています。

自分の虐待行為を認めたり、ましてや反省したりすることはありません。

こういった状況で、被虐待児や被害者が戻ってきたらどうなるでしょうか。

虐待者にとって被虐待児や被害者は、自分を加害者に仕立て上げた憎らしい犯人であり、悪事への罰としてさらに虐待や暴力を加速させることは容易に想像できるでしょう。

そして、次にまた被害者が口を割って虐待が露呈しないように、さらに支配を強めていくのです。

虐待が加速すると、より発覚の恐怖が大きくなる

最初は小突いたり、つねったりする程度だった暴力は、次第にいいわけのできないくらいの激しいものへと変わっていきます。

複数のあざ、骨折といった大けがの場合は、誰がどう見ても「虐待の証拠」です。

虐待の証拠は被害者の体に残っているので、被害者が外を出歩けば、いつそこから虐待が発覚するのかという恐怖が付きまとうようになります。虐待がバレないよう、虐待の加速と共に被害者の行動を制限しなくてはいけなくなります

ここでもし、虐待の発覚を恐れて虐待を止めたらどうなるでしょうか?

行動の制限がなくなり、精神的支配の解けた被害者は、外で誰かに被害を訴えるかもしれません。

それは、加害者が最も恐れていることです。

虐待が加速すればするほど、虐待が発覚する恐怖は高まり、さらに虐待を続けるしかなくなるのです。

なぜならストッパーの持たない人たちにとっては、被害者の苦しみよりも、虐待が発覚し、自分が責められる方が何倍も辛いことだからです。

そしてこの時には、加害者にとって被害者はいるだけで自分を脅かす存在になっていきます。

いつ何時、被害者のケガや本人の口から虐待が露呈するか分かりません。

その恐怖があるからこそ、被害者の行動をなにがなんでもコントロールできなくてはなりません

加害者は、被害者のことを自分を貶めて不利益を与える加害者だと思い、被害者が少しでも自分の意に反することをすれば、自分の身を護るためにその行動を正さなくてはならないという心理状態になっていくのです

そして自分の意に反することをしたときに暴力や暴言を吐き、被害者を力や精神支配で言うとおりにさせることを「しつけ」だと言っているのです。

本当の意味の「しつけ」ではないことは虐待する人も分かっている

捕まった虐待親は「しつけのつもりだった」と言います。しかしそれが本当の意味のしつけではないことを分かっていると私は考えています。

もし本当にそれが子どものためを考えてしている「しつけ」だと思っているのであれば、明らかに自分の行為を隠そうとするのがおかしいからです。

虐待親の中には外では「いい親」をアピールする人もいます。もし、しつけをするのが「いい親」であると思っているのであれば、外でも同じように「しつけ」をしたほうがいい親をアピールできるはずです。

その行為が、行き過ぎた行為であることを自分自身も分かっていて、バレたくないと思っているからこそ隠そうとするわけです。本人も分かった上で、虐待をしていることは間違いありません。

虐待を訴え、そのあとは逃げるのが大事

戻れば、反省するどころか逆恨みをした虐待者から、さらに激しい虐待に合う可能性は非常に高いと言えるでしょう。

彼らは自己保身のことばかりが頭にあり、

『人の苦しみなど理解できない』

そういう人たちです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PICK UP記事と広告

モラハラ関連人気記事

【知れば未来が変わる】モラハラ夫への対策まとめ 1

モラハラ夫への対策をまとめた記事です。 この記事に載っているものはすべて、 モラハラ夫を変えたり、 ましてや モラハラを治すこと を目標とはしていません。 モラハラ夫と共同生活を続けるうえで大切なのは ...

モラハラ夫との離婚準備は水面下で!離婚準備の注意点まとめ 2

結婚しようと決めてから、実際に結婚するまで期間があるように、離婚も離婚したいと相手に伝えてから実際に離婚するまでには期間があります。 離婚届を出すまでに、親権、財産分与、面会交流、慰謝料、養育費などの ...

モラハラの慰謝料と現実 私が離婚調停で感じたこと 3

モラハラを受けた被害者の中には、相手から慰謝料をもらわなければ気が済まない方もいらっしゃると思います。 私自身も調停の途中から「なにがなんでも慰謝料を支払ってもらう!」という気持ちでいましたし、被害が ...

-モラハラ, モラハラの心理
-, , , , , , , , ,

Copyright© モラハラ離婚ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.