モラハラ夫と離婚調停して別れた体験談・子育て・シングルマザー・多種多様な生き方の情報を発信

モラハラ離婚ナビ

二面性の強いモラハラ加害者の方が症状は重度である!

モラハラ モラハラと人格障害

二面性の強いモラハラ加害者の方が症状は重度である!

投稿日:2020年9月24日 更新日:

パーソナリティ障害は、障害とついてはいますが、すべてのパーソナリティ障害が重度なわけではありません。中でも強迫性パーソナリティ障害や回避性パーソナリティ障害などは比較的病理が浅いと言われています。一方で反社会性パーソナリティ障害は、病理が深く重度(深刻)だと言われています。

そして、モラハラの原因だと考えられている自己愛性パーソナリティ障害は、やや軽度から重度まで状態は人によって様々のようです。

軽度から重度までを比べたときに、重度になればなるほど治りにくくまた、被害の程度も大きくなっていくと考えられます。

相手のモラハラが治るかどうかを考えたときに、状態の重症度が分かったらいいですよね。

一つの目安としてですが、二面性の強さで状態を図ることができるようです。

ストレスに直面した時の反応「抑圧」か「分裂」か

問題に直面したときに、その問題から自分を護る方法として行っている「防衛機制」という心の働きがあります。

たとえば、サッカーの試合でレギュラーになりたいと思っているけれど、現実問題、レギュラーになれる可能性が低かったとします。その時に、「レギュラーになりたくない」と本来の欲求とは裏腹なことを口に出したり、レギュラーを決めるテストをわざと欠席したり、レギュラーになれなかった理由として足の不調を言い訳にしたりするようなことです。

この「防衛機制」は、受け入れられない現実から目をそらしたり、葛藤から生じる不安や緊張を感じないようにしてくれたりします。

私たちは誰でもこの防衛機制を使っていて、自覚をしながらのときもあれば、全く無自覚で使っているときもあります。

防衛機制の種類やレベルについては下記の記事にまとめてあります。

ここで、防衛機制の中の「抑圧」と「分裂」について見ていきます。

問題に直面した時の反応が「抑圧」の場合は、比較的病理が浅いと考えられています。

1.「抑圧」を使う場合 <神経症人格構造>

抑圧とは、欲望や衝動を意識に上らないように押しとどめることです。

たとえば社会的に理想とされる振る舞いと、自分が本来やりたいと考えている振る舞いが一致しなかった場合、人は葛藤状態になります。この時、抑圧パターンにおいては、本来の自分を押し込めて(抑圧)、社会的に認められる振る舞いをするといったことです。(同一化)

荷物で例えるならば、箱のなかにAとBの両方が入っていて、Aを選びBははこの奥の方に押し込んだ状態です。

AとBが同時に適うことができない葛藤状態において、どちらか一方(この場合は理想的な振る舞い)に同一化し、もう片方(この場合は自分がやりたいと思っている振る舞い)は意識の外に追い出すことで、人格の中では、理想的な振る舞いをする人のみがいてもう一方はいなくなるので安定します。

この人は、周囲から見ればいつも一貫した行動の持ち主であり、行動を予測することができるでしょう。

しかし、本人は、常に抑圧している欲求を出すことができないストレスを抱えており、叶えられない不満をため続けます。それがやがて病気に繋がる可能性があります。

抑圧を使う人の場合は、抑うつ状態になり、急に自分を責めたりします。

2.「分裂」を使う場合 <境界性人格構造>

分裂では、理想的な自分と無能な自分というような「善」と「悪」、「万能感」と「無能感」という物事の両側面を一つのものとして統合することができず、バラバラに存在している状態です。分裂では、どちらも抑圧せず、時には一方に同一化し、また時には、もう一方に同一化をします。

箱で例えるならば、AとBがそれぞれ別の箱に入って、時にはAの箱を選び、時にはBの箱を選ぶといった状態です。

分裂の場合は、Aに同一化している時と、Bに同一化している時とで、全く違う人物になったかのように見えます。人格が不安定で行動の予測ができません。

この防御機制は、対人関係に対しても働き、理想的な人物に対しては「この人が自分の理想を全て叶えてくれる」と心酔する一方で、無能だと判断した人物に対しては激しい攻撃を返します。患者とカウンセラーの関係であれば、「この人は素晴らしいカウンセラーだ。自分を救ってくれる理想の人だ!」とある時までは思っていたのに、なかなか思い通りに治療が行かないと「とんだ無能だ!悪徳医者だ!」と罵ったりします。

状況に応じて、まるで人が変わったかのようになる二面性の強いタイプの人は、分裂という防御機制が働いているわけです。

また、いつも攻撃的で人に対して暴言を使うような人が、スイッチが入った途端に自分こそが攻撃されていると一転して被害者ぶるようなケースはこちらに当てはまると考えられます。

まとめ

私は、世間のモラハラ加害者のイメージである、自分に厳しく完ぺき主義者であるがために、他人にも同じような完璧を求めてしまうタイプは、この1に当てはまるのではないかと考えています。

時に素晴らしい理想的な人物に見える一方で、考えられないような悪人にもなる場合は、2のタイプでしょう。

また、2のケースでは、カウンセラーや医者に対しても自分の思い通りにならないと怒り、無能だと罵ったりするそうです。もし、治療が成功して改善されていけば、1の神経症人格構造に変わっていくようです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PICK UP記事と広告

-モラハラ, モラハラと人格障害
-, , ,

Copyright© モラハラ離婚ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.