モラハラ夫と離婚調停して別れた体験談・子育て・シングルマザー・多種多様な生き方の情報を発信

モラハラ離婚ナビ

私のモラハラ体験談⑥モラハラ夫が子どものような振る舞いをすることはただただ恐怖だった

モラハラ モラハラ夫との離婚調停体験談

私のモラハラ体験談⑥モラハラ夫が子どものような振る舞いをすることはただただ恐怖だった

投稿日:2019年1月11日 更新日:

モラハラ夫は、ときに2~3歳の子どものような振る舞いをすることがあります。しかし、子どもっぽいふるまいをするからと言って、夫の見た目は子どもではありません。大の大人が子どものような振る舞いをすることは、当時の私にとっては恐怖でしかありませんでした。

子どものようなことをしていても、子どもとは違う

私の夫は自分の意見が通らないときがあると、お菓子売り場でお菓子を買ってと駄々をこねる子どものように床にひっくり返ってて足をバタバタし、大声を出して喚くことがありました。子どもであれば、恥ずかしいわねと思いながらも抱きかかえて帰ることができますが、相手は私よりも背が高く体重も2倍ほどある大の男です。床に転がっているこの人をどうすることもできません。そしてこともあろうか成人男性が、意見が通らないことで喚きながら手足をバタバタする様子は、「子どもっぽい」とか「しょうがない」という印象では済まされませんでした。

私よりも体の大きな男性が理性のタカが外れて暴れまわる様子は、ただただ、恐怖しかありませんでした。もしかしたらいつかこの力が私や子どもたちに向くかもしれないと目の前の人物を心配するよりも自分たちの身を守ることを真っ先に考えていたのです。

更に考えが飛躍してしまったときは、こんな状態で夫はまともに働くことができるのだろうか。いつか、会社から首を切られ一家離散や路頭に迷うことになるのではないかといった不安も噴出しました。

子どもが癇癪を起して同じような行動をしたときに、「恥ずかしい」とか「困った」「大変だ」という気持ちが出てきたとしても恐怖を感じることはないでしょう。子どもが癇癪を起こすことは当然のことですし、泣き止まなかったり暴れまわることは厄介だったとしても、抱っこをして連れて帰るなど何かしらの対応をすることができます。

しかし、夫が手足をばたつかせて暴れだしたときに、まずなぜこういった行動をするのか理解ができませんでした。大人が子どものように癇癪を起こすことは、今までに見たこともないはじめての経験だったからです。そして目の前で行われていることがいかに「普通ではない、異常なこと」かを理解すると同時に、すぐに恐怖が襲ってきました。暴れている夫をどうしたらいいのかも分かりませんでした。

この異常な状態を誰に相談すればよかったのか。その時の私は、むしろ、こんなおかしいことを他の人に話してもいいのかという思いもありました。しかし、警察なり行政機関なりに相談するべきだったのだと思います。自分に暴力が振るわれなくても、理性を失った大人が暴れているのは緊急事態なわけですから。

今となっては「試し行動」の一種であるのだと考えることができますが、当時は何の前知識もない状態でした。夫の姿を目の当たりにしたときには、「意味が分からないけれど、ものすごい恐怖を感じる」としか思うことができなかったのです。

DV・モラハラ加害者は鬼に変身する その鬼を抑えることはできないのか?
DV・モラハラ加害者は鬼に変身する その鬼を抑えることはできないのか?

元夫は、結婚と同時に人が変わったようになりました。「人が変わった」というのは、性格が変わったというよりも、人ではない別のものに変わったと捉えていただくのが正しいでしょう。言葉通り、時には「人間とはいい ...

続きを見る

モラハラがどんどんとひどくなると、異常な行動をするようになることもある

モラハラ加害者は、その場にふさわしくない行動を取り、相手の気を引いたり、愛情を確かめる「試し行動」をすることがあります。

試し行動とは?

まだ未熟な子どもは自分の気持ちや考えをうまく言葉にすることができません。言葉にできない思いを伝える代わりに、その場にふさわしくない行動をとり、親や大人の気を引こうとします。これを「試し行動」と言います。また、本心をそのまま伝えるのが恥ずかしくなる年の子も同じような行動をします。

「試し行動」には、「嫌い」などあまのじゃくなことを言う、物を投げる、物を壊す、わざと危険なことをする、人や物ををたたくといったものがあります。

試し行動の対処法はこちら

モラハラ夫がする「試し行動」とは?「離婚」の言葉の裏側にある本心
モラハラ夫がする「試し行動」とは?「離婚」の言葉の裏側にある本心

夫は、何かある度に頻繁に「離婚」という言葉を使っていました。そのたびに何とか離婚にならないように修復を重ねていましたが、「離婚」と言われるたびにだんだんと相手への愛情が減っていくのを感じていました。そ ...

続きを見る

もちろん子どもだけではなく、未熟な大人も同じような「試し行動」をすることがあります。たとえば、その気もないのにすぐに「離婚」「別れる」ということも相手の愛情を試すための「試し行動」です。

モラハラ行為は加速していく

モラハラ行為は本人に改善する気がなければ、必ず加速していきます。一緒にいればいるほど、パートナーであれば付き合っている期間が長くなればなるほど、モラハラはひどくなっていきます。

暴言がひどくなったり、家の中で暴れるようになったり、直接暴力を振るわれなかったとしても恐怖を感じることがあります。そういったときは、迷わずに周囲に相談することが大切です。

モラハラであっても警察や行政機関に相談することが望ましい

モラハラは、限られた空間や場所、人間関係でのみで行われるため、ひどいモラハラの事実を知っているのは、配偶者であるあなただけだという可能性もあります。

そのため、モラハラ加害者の周囲の人間に相談したところで「あの人がそんなことをやるようには見えない」と理解してもらえません。出来れば、動画やボイスレコーダーなどで記録し証拠を取っておくことが良いでしょう。また、暴れるなどの緊急を要する場合は、すぐにでも警察や行政機関に相談することが望ましいでしょう。警察や行政機関への相談記録もまた証拠になります。また、周囲の人間にはモラハラがバレないようにふるまっている加害者は、相談されることをひどく嫌います。モラハラ行為が外に知られてしまうと分かると、それがストッパーとなる可能性もあります。

モラハラの公的機関の相談先
【モラハラ相談窓口一覧】「死にたい…」そうならないために早めの相談を!

モラハラを受けていても、「どこに相談したらいいのか分からない。」「暴力を受けていないのに、DV相談窓口に相談してもいいのか分からない。」と悩み、適切な相談先を見つけられずに終わってしまうことが多くあり ...

続きを見る

まとめ

モラハラは以前のように戻ってほしいとそばに居続けるほど加速し、ひどくなっていきます。夫が「赤ちゃん返り」のような症状を見せ始めたのは結婚して3年目のときでした。

モラハラは良くなったり悪くなったりを繰り返しながら徐々に悪化していきます。一時的に良くなったように見えたとしても、次にやるモラハラは以前よりもひどいものになっているので注意が必要です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PICK UP記事と広告

モラハラ関連人気記事

【知れば未来が変わる】モラハラ夫への対策まとめ 1

モラハラ夫への対策をまとめた記事です。 この記事に載っているものはすべて、 モラハラ夫を変えたり、 ましてや モラハラを治すこと を目標とはしていません。 モラハラ夫と共同生活を続けるうえで大切なのは ...

モラハラ夫との離婚準備は水面下で!離婚準備の注意点まとめ 2

結婚しようと決めてから、実際に結婚するまで期間があるように、離婚も離婚したいと相手に伝えてから実際に離婚するまでには期間があります。 離婚届を出すまでに、親権、財産分与、面会交流、慰謝料、養育費などの ...

モラハラの慰謝料と現実 私が離婚調停で感じたこと 3

モラハラを受けた被害者の中には、相手から慰謝料をもらわなければ気が済まない方もいらっしゃると思います。 私自身も調停の途中から「なにがなんでも慰謝料を支払ってもらう!」という気持ちでいましたし、被害が ...

-モラハラ, モラハラ夫との離婚調停体験談
-, ,

Copyright© モラハラ離婚ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.