モラハラ夫と離婚調停して別れた体験談・子育て・シングルマザー・多種多様な生き方の情報を発信

モラハラ離婚ナビ

モラハラ加害者が恐れていること

photo by iStock

モラハラ モラハラの末路 モラハラ対策・対処法

モラハラの弱点!モラハラ加害者が恐れていることは下克上!

投稿日:2018年7月18日 更新日:

傍若無人にふるまい、どんなことをやっても許されると思っているモラハラ夫。彼らには一見弱点がないように見えますが、実はそうではありません。

モラハラ夫が恐れていること。

それは、自分が上の立場にいる上下関係において、自身が下の地位に転落することです。

もし、自分の地位が落ちることがあれば、モラハラ加害者はどんな反応をするのでしょうか?モラハラ行為はどうなるのでしょうか?

モラハラはやらなくなるのでしょうか?

実体験をもとに解説します。

1.モラハラ加害者の人間関係は上下関係のみ

幼少期から上下関係のみしか人間関係を知らずに育ってきたモラハラ加害者は、すべての人間関係で自分は相手より上である、下であるということを判断しながら生きています。彼らの中に対等な人間関係という物は存在しません。そして、自分より下であると判断した相手に対し、モラハラ行為を行います。

2.家庭も自分がトップに立つ上下関係の世界

配偶者の地位は最も低い

モラハラ加害者はモラハラができる相手を結婚相手に選びます。結婚相手に選ばれた時点で、モラハラ加害者の中で下の立場であるとランク付けされています。そして、子どもが生まれると上下関係に組み込まれますが、そのたびに配偶者のランクはどんどん下がっていきます。配偶者はランクの一番下に位置づけられるのです。

子連れ再婚の場合、モラハラ加害者にとって血のつながらない子どもの地位が最も低くなる場合もあります。この場合は、モラハラが加速した結果、DVなどの暴力につながる危険性も非常に高いので注意が必要です。

もともと配偶者を下だとみなしていたが、態度に表さなかっただけ

付き合っているときは優しかった、いつの間にか地位が転落したのだろうか?と思うかもしれませんが、付き合っているときからもおそらくあなたは下に格付けされていたはずです。

結婚前の様子では、表面上は大切にされていたかもしれませんが、それはモラハラ加害者の本心ではありません。演技のうまいモラハラ加害者は、それを態度に一切出すことなく、あなたが自分のものになるときをじっと待っていました。そして、結婚を機に本性を現したのです。

モラハラ加害者にとって家庭は自分が支配する王国

モラハラ加害者は自分が支配する王国をつくることを目的としています。家庭においても同じように自分が頂点に君臨し、家族を従えることを当然だと考えています。そのため、自分より上の関係の相手を配偶者に選ぶことは決してありません。

3.下剋上はモラハラ加害者にとって一番の脅威

モラハラ加害者は、自分の環境を自分にとってだけいいものにするために、周囲にモラハラ行為を行い周りを従えていきます。そして人間関係の上に立つことを当然であると思っています。

上に立つものがおびえなくてはいけないのはその地位が奪われることです。

そのため、モラハラ被害者や他の人が自分の地位を落とそうとしていないかどうか過敏に反応します。

モラハラ行為が加速していく背景には、誰しもが自分の地位を脅かそうとしていると捉えて他人を信用していないため、支配を続けていないと安心できないからです。

4.自分の地位が奪われたコミュニティからは姿を消す

では、もし下克上が成功し、モラハラ加害者の地位が転落してしまったらどうなるのでしょうか。

これには、私が勤めていた会社のハラスメント上司も、そして夫も全く同じ行動を取りました。

答えは簡単です。そのコミュニティからあっという間に姿を消します。

家庭の場合は相手を追い出すことも

しかし、家庭には自らの財産がありますので、仕事を辞めるときのようにアッサリとはいきません。そこで、家庭の場合は、誰かの力を使って配偶者を追い出そうとします。自分の味方になってくれる友人や上司、家族などを使って、コミュニティから排除しようとします。それでも追い出せなければ、その時は自ら出ていくでしょう。

どのみち、そのコミュニティで二度と姿を現すことはありません。

5.被害者が上下関係の上の地位になればモラハラ行為は止む

上下関係しか構築できないので、家庭でも配偶者と対等の関係を築くことはまずありません。

もしモラハラ加害者のモラハラ行為がやむことがあるとすれば、それはあなたがモラハラ加害者よりも上の地位になったときです。

結局、モラハラ加害者と対等の立場になることは一生ありません。

6.モラハラが止んでも別居や離婚を薦めるわけ

このように上下関係がひっくり返ったことでモラハラ行為が止めば、実質、被害は無くなります。

それならば、このまま家庭なり仕事なり、(元)モラハラ加害者との関係を続けていけばいいようにも思えます。しかし私はそれをオススメしません。

上下関係と言うのはいつその関係がひっくり返るか分からないからです。

家庭では病気になったり、介護が必要になったり、一時的にでも長期的にでもあなたが弱くなるタイミングが必ずあります。仕事でも、ミスをしてフォローをしてもらわなければならないこともあるでしょう。

そして、そのタイミングでモラハラ加害者からのモラハラ行為が再発する可能性が非常に高いのです。

モラハラ行為が止んだ背景は上下関係がひっくり返ったからであり、対等になったわけではありません。ましてや、モラハラ加害者の中からモラハラが消え去ったわけでもありません。

モラハラが治ったとか、普通の人間関係が構築できるようになったと誤解してはいけません。もともとモラハラ加害者は立場が上の人にはモラハラ行為を行わないので、モラハラ加害者自身は何も変わってはいません。自分に対してのモラハラ行為が止んだことがモラハラが消えたと錯覚してしまいますが、それはあなたに対してモラハラ行為をしなくなっただけであり、他の人に対してはモラハラを続けている可能性もあります。

いつかまた、上下関係がひっくり返ってモラハラ被害者に戻ったときに、モラハラ加害者から離れなかったことを後悔してほしくないのです。

虐待・DV・モラハラ加害者は被害者の苦しみなんて考えていない!自分の保身の方が大事
虐待・DV・モラハラ加害者の信じられない心理

虐待や暴力、DV、モラハラは必ず加速していきます。最初は何とか我慢できていたことも次第に心身に大きなダメージを与えることになります。 こちらの記事でも書かせていただきましたが、虐待を含めた暴力、DV ...

続きを見る

7.これからは穏やかな人間関係を

モラハラ行為を受け続けると「普通」が分からなくなってしまうこともあります。モラハラ加害者との関係は「普通」ではありません。一方的な関係はどんな関係であろうとも長続きしなくて当たり前です。

相手が弱った時には支え、自分が弱った時には支えてもらう、そんな関係を築くことができる相手を見つけてほしいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PICK UP記事と広告

モラハラ関連人気記事

【知れば未来が変わる】モラハラ夫への対策まとめ 1

モラハラ夫への対策をまとめた記事です。 この記事に載っているものはすべて、 モラハラ夫を変えたり、 ましてや モラハラを治すこと を目標とはしていません。 モラハラ夫と共同生活を続けるうえで大切なのは ...

モラハラ夫との離婚準備は水面下で!離婚準備の注意点まとめ 2

結婚しようと決めてから、実際に結婚するまで期間があるように、離婚も離婚したいと相手に伝えてから実際に離婚するまでには期間があります。 離婚届を出すまでに、親権、財産分与、面会交流、慰謝料、養育費などの ...

離婚調停の流れ 3

まさか、自分が家庭裁判所に足を運ぶことになるとは夢にも思っていなかった、離婚調停を申し込むときにそう思う方も多いのではないでしょうか。 私も、初めて家庭裁判所に行ったとき、やたらと緊張したことを覚えて ...

-モラハラ, モラハラの末路, モラハラ対策・対処法
-, , , ,

Copyright© モラハラ離婚ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.