モラハラ夫と離婚調停して別れた体験談・子育て・シングルマザー・多種多様な生き方の情報を発信

モラハラ離婚ナビ

モラハラ夫へは言葉による突き放しが有効

モラハラ モラハラ対策・対処法

モラハラ夫への反撃は言葉による突き放しが有効

投稿日:2019年9月26日 更新日:

何をどうしても絶対に変わることがないモラハラ夫。

この方法ももちろん、モラハラ夫を根本から変えることを目的とはしていません。しかし、暴言が止まらなかったり、意味のない説教に付き合わされて疲弊している妻が、少しでもモラハラ夫に反撃をしたいとき、モラハラ夫をもっとも制する方法が「言葉による突き放し」です。

それでは、「言葉による突き放し」を具体的に説明していきましょう。

モラハラ夫は、軽蔑されることが苦手

傍若無人で人の気持ちをたやすく踏みにじるモラハラ夫は、人の心などないように見えます。しかし、実際は周りの目をものすごく気にしている小心者が多いとも言われています。そのため、「こいつには何を言っても許される」と思った相手には容赦なくストレスをぶつけ、自分が偉い立場であることをアピールすることに必死になります。(モラハラは子どもや女性など弱い立場の人が被害者になりやすいといわれています。)

 

もし、モラハラ夫が見下している相手(家族)から軽蔑のまなざしで見られたらどうなるでしょうか?

自分の自尊心を保つために存在していると思っていた相手が、

自分に怯え従うべきだと思っていた相手が、

自分のことを軽蔑し、

「あなたはそんなちっぽけな人間なのね」

という態度を取られたら?

 

偉ぶっている姿が仮初であることを知らされるでしょう。

本当は弱い人間である現実をまざまざと突き付けられるでしょう。

 

つまり、軽蔑されることは、

モラハラを破られ、守っていた弱い自分をさらされることに他なりません。

そして、メッキをはがし弱い自分を晒そうとする相手は、モラハラ夫にとって脅威的な存在なのです。

 

もちろん、立場が上のものであると思っていた人よりも、見下していた相手からそういう態度を取られることの方が何倍もダメージを受けることは間違いありません。

 

モラハラ夫を軽蔑する態度は、大きな反撃になるのです。

価値がなくなることを恐れるモラハラ加害者

モラハラ加害者たちは、決して自分たちが悪人であるとは言いません。善人のようにふるまい、実際に付き合いが浅い人からはとてもいい旦那さん、父親のように思われていることすらあります。

モラハラ加害者たちが二面性を使い分け、外ではいい人を演じる背景には、人から賞賛され、「いい人」「いい夫」「いい父親」でなくてはいけないという思い込みがあります。良い評価をもらわない自分には「価値がない」と思い、強い自己否定にさらされてしまうからです。

モラハラ加害者たちは、かつて被害者だった時に、周囲に無理に合わせたり、周囲から必要とされる人間になることで自分の居場所を確保しなくてはいけませんでした。そのため、周囲の人たちから認められなくなると、「居場所を失ってしまう」のではないかという不安を感じるようになります。

善人ぶり高い評価を得られなくてはいけないと無理をしてしまうのは、過去の経験によるものなのです。そしてその無理が爆発するとき、モラハラとなって周囲にストレスをぶつけるようになります。

もちろん、家族の中で自分の価値が脅かされることにも不安を抱えています。

妻や子どもたちから

  • 軽蔑される
  • 価値がないと思われる
  • 捨てられる

これらのことには、ひといちばい恐怖を感じるのです。

言葉による突き放しの具体例は?

では、モラハラ夫に対してどんな言葉を言い、どんな態度で接すれば、相手のメッキをはがすことができるのでしょうか?

実際に、私が元夫へ投げかけた言葉で夫のモラハラをストップさせることに成功したものがあります。

詳しくはこちらの記事に書いています。

この記事では、会話の流れから「あなたには分からないんだね」という言葉を使っていますが、他の場面でも似たような意味の言葉で相手を制することができると考えられます。

たとえば、

「あなたにはできないんだね」

「あなたはそう言うことを言えちゃう人間なんだね」

とかです。

 

イメージとしては、

あなたはモラハラをしてしまう人間なんだね

というニュアンスの言葉を使うことです。

 

この言葉を使うとき、「反撃しよう!」という気持ちで言うと、「自分の暴言に反応してくれている」とかえってモラハラ夫を喜ばすことになります。攻撃ではなく、「呆れ」「軽蔑」といった態度を示しましょう。できるだけ冷ややかな態度を取るといいでしょう。

ナマモノ(筆者)
実際に私も、「この人には何を言ってもしょうがない」という気持ちで放った一言でした。

 

そして、言い終わったあとは、話を続けたり、相手の話を聞こうとはせずに

夫に対して見限る態度を取り続けることです。

このときモラハラ夫は激怒したり、意地になってあなたに対して「言葉の撤回」や「謝罪」を求めてくるかもしれません。

しかし、「もう、あなたへの評価は決まったから、今更どんな言葉を言われても覆ることはない」ようにふるまってください。

実際に、あなたの中でモラハラ夫に対して「こういう人だったんだ」と評価を下してください。すると、それが自然に態度に出ると思います。会話をやめる、離れる、別の部屋に行く、といったことが効果的です。

見限られたと気づいたモラハラ夫は、焦るでしょう。

本当は人からの評価をものすごく気にし、人からの賞賛なしに生きていくことが難しいモラハラ加害者は、なんとしてでも高い評価をもらおうとします。しかし、それは悪いことをする悪い人間なのに、脅して良い評価をもらおうとしてきたにすぎません

だからこそ、正しく「悪い人間」だと評価し、それを態度に出す必要があります。

モラハラ夫は一人では生きていけない弱い人間

モラハラ夫がなぜ家庭内でモラハラをするのかといえば、家族や家庭に依存しているからです。彼らは、本当は自立することができていない弱い人間です。

家族に寄りかかりながら生きている彼らにとって「寄りかかる(依存する)相手がいなくなること」は死活問題です。

時には生きていけないほどの強い恐怖を感じることになり、なにがなんでも依存相手にしがみつこうと固執します。

別居や離婚にも同じ効果がある ただし、「脅し」では使ってほしくない

このような「言葉による突き放し」は、具体的に縁を切ることを想像させる言葉でも同じ効果が得られると考えられます。たとえば、別居や離婚、縁を切るといった言葉です。

別居や離婚を提案したところ夫の態度が急変し、モラハラが治ったというケースもあるようです。

しかし、これらのケースでは妻側は本当に別居や離婚をしたいと考えており、「モラハラ夫のモラハラを治すために提案したわけではない」ことを忘れてはいけません。

モラハラが治るという良い結果に転べばいいですが、実際には別居や離婚になったとしても治らないケースもごまんとあります

もし本当は別居や離婚をする気がないのに、安易に口に出してしまえば、する気もない別居や離婚をちらつかせる妻に成り下がり、そのことがモラハラだと捉えられる可能性もあります。さらには「どうせできもしないのに」と、ますます夫から見下されることになりかねません。嘘つきのオオカミ少年になり、立場を悪くするのは妻の方です。

また実際に離婚になった時に、妻が常習的に「離婚だ」と言っていたことで、条件的に不利になる可能性もあります。

「別居」や「離婚」はモラハラ夫を変える魔法の言葉ではありません注意しましょう。

まとめ

感情的になって「あなたのことが嫌い!」というよりも、心底軽蔑し、見限る態度を取るほうが、モラハラ夫に大きなダメージを与えることができます。

「切り捨てられる」「見捨てられる」かもしれないという気持ちにさせることで、モラハラをすると自分にとって悪い結果をもたらすことを強く自覚させることができるのです。モラハラ加害者たちは、「損得勘定」は他の人よりも敏感に反応します。だからこそ、損になると分かればモラハラがストップします。

これは、「あなたがしていることはモラハラよ!」のような直接的な言葉よりも高い効果があるといえるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PICK UP記事と広告

モラハラ関連人気記事

【知れば未来が変わる】モラハラ夫への対策まとめ 1

モラハラ夫への対策をまとめた記事です。 この記事に載っているものはすべて、 モラハラ夫を変えたり、 ましてや モラハラを治すこと を目標とはしていません。 モラハラ夫と共同生活を続けるうえで大切なのは ...

モラハラ夫との離婚準備は水面下で!離婚準備の注意点まとめ 2

結婚しようと決めてから、実際に結婚するまで期間があるように、離婚も離婚したいと相手に伝えてから実際に離婚するまでには期間があります。 離婚届を出すまでに、親権、財産分与、面会交流、慰謝料、養育費などの ...

モラハラの慰謝料と現実 私が離婚調停で感じたこと 3

モラハラを受けた被害者の中には、相手から慰謝料をもらわなければ気が済まない方もいらっしゃると思います。 私自身も調停の途中から「なにがなんでも慰謝料を支払ってもらう!」という気持ちでいましたし、被害が ...

-モラハラ, モラハラ対策・対処法
-, , , ,

Copyright© モラハラ離婚ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.