モラハラ夫と離婚調停して別れた体験談・子育て・シングルマザー・多種多様な生き方の情報を発信

モラハラ離婚ナビ

なぜ毒親は子どもをコントロールしたがるのか?

モラハラ モラハラと毒親

なぜ毒親は子どもをコントロールしたがるのか?

投稿日:2018年10月26日 更新日:

モラハラを生む環境は、親のどちらか(もしくは両方)がモラハラであると考えています。

そしてモラハラ親は親になるべきではない毒親です。

モラハラ親は毒親です!
モラハラ親は「毒親」です!

「毒親」という言葉をご存知ですか? この言葉が世に出てきたとき、ものすごいパワーワードが出てきたな、と衝撃を受けたのを覚えています。 世の中の風潮として、子どもが親のことを悪く言うことは「悪」だという ...

続きを見る

モラハラ親は子どもをコントロールしようとし、子どもの人生をめちゃくちゃにしてしまいます。なぜ、モラハラ親(毒親)は子どもの人生をコントロールしたがるのでしょうか?

子どもが一番の被害者になりやすい理由

モラハラの被害者になりやすいのは子どもです。

子どもは非力で親に保護されてなくては生きていくことができません。モラハラ親はときにはそのことを利用して子どもを自分の意のままにコントロールしようとします。子どもが自分一人で生きていけないことは子どもにとっては弱点です。モラハラ親は子どもの弱点を突いて、親の言うとおりにしなければいけないように仕向けます。具体的には、「いうことを聞かないなら家から出て行きなさい」「一人で生きて行きなさい」といって突き放します。子どもは「死」か「親の言うことに従うか」の2択を選ばなくてはいけません。この場合は、「親の言うことに従う」しか選択肢はないのです。

またモラハラは、「密室」で行われやすく、家庭内は外の目が届きにくいためモラハラが行われる頻度が高くなります。そして子どもの場合は小さいころからその環境で生きてきたため、それが外の環境と比べ異質であることに気づけません。他の家でも同じようにモラハラが行われているものだと思っています。

さらに、小さい子どもは親と対等に話をしたり、自分の言いたいことを的確に言葉にすることができません。そのためモラハラ親の言葉に対して「おかしい」「間違っている」と思ったとしても、はねのけることができないのです。

<子どもが被害者になりやすい理由>

  • 親の言うことを聞かなくては生きていけないから(そういう状況にモラハラ親が追い込む)
  • 小さいころからその環境であるためおかしいことになかなか気づけない
  • おかしいと思ったとしても言葉が発達段階である子どもは、親の言葉をはねのけることができない

モラハラ親は「うらやましがられる親」として周りから評価をされるために子どもを利用する

モラハラ親は、人から見て自分が「いい親」でありたいと考えています。

実際にやっていることは「いい親」とはいいがたいのに不思議ですよね。このようなギャップは、子どもから見て「いい親」ではなく、他人から見て「うらやましがられる親」でいたいために「間違ったいい親」を目指していることから起こります。

たとえば、

  • 親の言うことをよく聞き、従う
  • よくお手伝いをする
  • 自己主張(わがまま)しない
  • 外で、親のことが大好きだと言う、もしくは、親の悪口を言わせないようにする

ように子どもをしつけていきます。

周りの大人たちから見ればとても利口で優しい子として目に映ります。そして周りから「(手のかからないことで)いいわね」と言われると「そんなことないわよ」と謙遜し、いい気分を味わいます。

また、子どもがモラハラに反発するタイプの子であれば、自分がいかに子育てで苦労をしているかを語り、周りの同情を引くことに利用します。

このように自分を引き立たせるための道具として子どもを利用するのです。

自分自身の人生に目覚めていない

自分の人生が充実しているときは、人の人生や人からの評価というものはそれほど重要ではなくなってきます。自分の人生が充実していると、「何をやろうか」「次は何をしようか」「何に挑戦してみようか」と自分のやりたいことで頭の中がいっぱいになります。こういったときは、興味のベクトルは自分(の好きなもの)に向いています。

反対に、人生が充実していないと空虚であると感じます。その空っぽの空間を何とか埋めようと「他人の人生」や「他人からの評価」で満たそうとしてしまうのです。興味のベクトルは自分の中ではなく外に向き、その結果、他人のことばっかり気になってしまうのです。

モラハラ親は空虚な人生を何とか満たそうと、子どもさえも利用して他人からの評価を得ようとするのです。

子どもの人生は自分の人生の一部だと思っている

モラハラ親は、自分と子どもをうまく切り離して考えることができません。そのため子どもが大きくなって手の離れる年齢になったとしても、子どもの行動に口を出し操ろうとします。モラハラ親にとっては子どもの人生に口を出しているという感覚はなく、自分の人生を決めていると思っています。

この価値観を変えることはできません。モラハラ親は自ら子どもから離れていく可能性は非常に低いため、子ども側からモラハラ親と距離を取ることが必要です。時には、距離をとっても執着されることもあります。

距離を取ることを告げると攻撃対象にされ、執拗に嫌がらせを受ける可能性もあります。黙って姿を消すことが得策です。

子どもを道具のように考えている

子どもは自分の便利な道具であると考えており、必要に応じて使おうとしてきます。たとえば、子どものうちの1人が利用価値がないと判断すればすぐに切り捨て、他の子どもを利用しようとすり寄ってくることもあります。モラハラ親にとっては、使えなくなった道具を捨て、利用価値の道具に乗り換えるぐらいの感覚です。

モラハラ親から愛情を受けてこなかった子どもは、すり寄ってきたときに突き放すことが難しく、いいように利用されてしまうこともあります。しかし、すり寄ってきたこと=モラハラ親からの愛情ではないため、子どもはさらに不幸になってしまいます。

自分の子どもにモラハラをしてしまう可能性は1/3以上

アメリカの研究では、虐待を受けた子どもが自分の子に虐待をしてしまう確率はおよそ3分の1と言われています。

モラハラの場合も、親から受けてきたモラハラを自分の子どもにしてしまう「モラハラの連鎖」が起こる可能性はかなり高いのです。

またモラハラの場合は、自身がモラハラを受けてきたことを自覚していなかったり、また自分自身がモラハラをしている自覚がないケースが非常に多いため、虐待よりも親子間で連鎖を繰り返す確率が高くなると考えられます。
3分の1以上は、世代間でのモラハラ連鎖が繰り返されていると考えていいでしょう。

しかし逆を言えば、モラハラ環境で育ったとしてもおよそ3分の2はモラハラが連鎖しないということです。過去は変えられませんが、未来を変えることはできます。子どもの人生をめちゃくちゃにしないためにも、モラハラを治そうと努力することが大切です。

モラハラを治すための3つのステップ!治らない人はどの段階でつまづいているのか見直そう!
モラハラを治すための3つのステップ!治らない人はどの段階でつまづいているのか見直そう!

実際にモラハラを治すことができた友人の話をまとめてみると、モラハラを治療するためには3つの段階があると考えられます。 ◆関連記事◆ カウンセリングにも頼らず自力でモラハラを治した友人の話 モラハラを治 ...

続きを見る

なぜ幼少期における自己否定感が生涯にわたって続くのか
なぜ幼少期における自己否定感は生涯にわたって続くのか

モラハラ親は子どもに自己否定感を植え付けます。そして、出来損ないにならないためには親の言うことをよく聞くのだと洗脳し、親の望んだ振る舞いをするようにコントロールして育てていきます。子どもはありのままの ...

続きを見る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PICK UP記事と広告

モラハラ関連人気記事

【知れば未来が変わる】モラハラ夫への対策まとめ 1

モラハラ夫への対策をまとめた記事です。 この記事に載っているものはすべて、 モラハラ夫を変えたり、 ましてや モラハラを治すこと を目標とはしていません。 モラハラ夫と共同生活を続けるうえで大切なのは ...

モラハラ夫との離婚準備は水面下で!離婚準備の注意点まとめ 2

結婚しようと決めてから、実際に結婚するまで期間があるように、離婚も離婚したいと相手に伝えてから実際に離婚するまでには期間があります。 離婚届を出すまでに、親権、財産分与、面会交流、慰謝料、養育費などの ...

モラハラの慰謝料と現実 私が離婚調停で感じたこと 3

モラハラを受けた被害者の中には、相手から慰謝料をもらわなければ気が済まない方もいらっしゃると思います。 私自身も調停の途中から「なにがなんでも慰謝料を支払ってもらう!」という気持ちでいましたし、被害が ...

-モラハラ, モラハラと毒親
-, , ,

Copyright© モラハラ離婚ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.