モラハラ夫と離婚調停して別れた体験談・子育て・シングルマザー・多種多様な生き方の情報を発信

モラハラ離婚ナビ

子どもに別居親の悪口はNG!じゃあなんて言えばいいの?

モラハラ夫と別居する 子育て

子どもに別居親の悪口はNG!じゃあなんて言えばいいの?

投稿日:2019年1月27日 更新日:

別れたパートナーは、お互いにとって赤の他人ですが、子どもにとっては別れた後も実親であることに変わりはありません。離婚に至るまでの経緯はそれぞれですが、こじれて離婚になっているケースでは、別れた後もお互いの悪感情がなかなか癒えず、そのまま恨みつらみとなって残っていることが多いものです。そういったときに、ふと言ってしまうのが我が子への別居親の悪口。しかし、子どもに別居親の悪口を聞かせることは良くありません。別れたパートナーにとっては赤の他人であっても、子どもにとっては実の父親、母親なのですから。離婚後は、別れた配偶者について子どもへどのように話をすればいいのでしょうか?

いくらダメな父親母親でも悪口をいえば、子ども自身を傷つける

別れたパートナーの悪口は、子どもにぶつけてはいけません。子どもにとって親の悪口を聞くことは、自分への悪口を言われているも同然です。それが、別れた親であれ変わりはありません。また、それを赤の他人ではなく親や祖父母から言われることで逃げ場がなくなり、たとえ聞かされるのが嫌だと思ってもそれを表に出すこともできません。子どもは嫌な思いを一人で抱えなくてはいけません。

悪口をいえば、言った親の方はすっきりとするかもしれませんが、子どもは悪口をため込み、不快な気持ちだけが残ります。そしてその悪口は子どもを蝕み、自己肯定感の低い子へと成長してしまいます。特に幼い子どもは、自分と親をうまく切り離して考えることができません。子どもは親の一部であるという感覚がなかなか抜けないため、親の悪口はそのまま子ども自身への悪口となってしまうのです。

同居親は、別居親の悪口を言うことは、子どもの悪口を言っているのと同じだという認識を持ったほうがいいでしょう。

子どもは親の分身ではない 別居親への感情もそれぞれ

また、夫婦間ではお互いに悪感情がある場合でも、子どもは親と同じ思いを共有しているとは限りません。子どもにとってはいい母親、いい父親である場合もあり、大好きな両親だと思っていることだってあります。好きな人同士の間に挟まれて辛い思いをしているかもしれません。

子どもは繊細であるだけではなく、賢く、どのようにふるまえば同居親が満足するかをよく知っています。幼い子どもでもです。可哀そうな同居親のために自分の気持ちを封じ込めてまでも親を慰めようとします。

このときの子どもは、離婚によって傷ついた気持ちを同居親に出すことはできません。自分より傷ついているであろう人を目の前にして、自分の悲しい気持ちを出すことをためらってしまうのです。親を慰める役割を持った子どもは、その役割を全うしようと癒す役に徹し、自分の傷はなかったことにします。子どもの傷は無視されたままにされるのです。

パートナーの愚痴を吐き出したいときは子どもではなく友人や家族に言おう

では、溜まった愚痴やストレスは抱え込むしかないのでしょうか?しかし、別れたパートナーへの愚痴や鬱憤をためたままにしておくことも難しいでしょう。

そういったときは、同じような悩みを共有できる友人や親身に話を聞いてくれる家族などに話をしましょう。

そして忘れてはいけないのは、子どもがいないときに話すということです。

子どもが別居親のことを話したときはどう対応するのがいい?

別居親のことをタブーにしない

私自身、離婚したばかりのときはテレビで「パパ」という存在が出てくるだけで動揺しました。しかし、その動揺は隠して、何も感じないふりをし続けていました。今では、「パパ」と聞いても、私も子どもも何にも反応をしない「普通のこと」であるように受け止めています。もし、離婚直後に「パパ」と聞くたびにチャンネルを変えるなどしていたら子どもも「パパ」という存在に敏感になり、かえって気まずい時期が長く続くことになったかもしれません。

「パパ」を子どもから隠すことはできません。学校や友だち関係から必ず「父親」の存在を聞くことになるからです。そして子どもは親の反応を過敏に察知し、親の反応と同じ反応を返すようになります。逆をいえば、親が堂々としていれば子どもも「父親がいない」ことで動揺しなくなるということです。

子どもに自由に父親の話をさせる

そして、子どもが父親の話をするときにはその話を聞くようにしています。自由に話していいし、自由に父親について思うことを言っていい雰囲気を作っています。

この時に、子どもが父親と一緒にいたときの悪いところを話し始めることもあります。たとえば、元夫は感情が昂ると「退行」したかのように2~3歳児のような振る舞いをすることがありました。いまだに子どもたちはこの時のことを覚えていて、ときどき「こんなことがあった」と話をします。そういうときは、「そういうこともあったね」というように子どもの言うことを否定せず、そのことについて良い悪いの評価をせず、ただ同意するという形で応えています。子どもたちは、他の大人はしないのに父親だけがそういうことをしていたという事実をどう消化していいのかまだ分からないのでしょう。話をすることで少しずつ、受け入れることができたらいいと思っています。

私自身は元夫をどういう評価もしない

しかし、父親の悪口を言わないとなると、私は元夫に対して何も話すこともありません。良くないと思っている相手のことを、あえて持ち上げていい点ばかりを話す必要はないと思っています。子どもが父親の話をすれば聞きますが、私自身は元夫をどうも評価しない(良いも悪いも)というスタンスにしています。

「いいところ」ばかりを話すことで、実際の人物とのギャップができてしまうことも良くないと考えています。子どもにとっては、理想の親であるほうがいいはずです。しかし、それが現実ではなかったとしたら…。立派な親だと聞かされていたのに、実は違ったと後から知らされることは大きなショックを受けるでしょう。それなら真実を教えたほうがマシです。

お母さんが笑っていれば子どもは喜んで面会交流に行くっておかしくないか?
お母さんが笑っていれば子どもは喜んで面会交流に行くっておかしくないか?

家庭裁判所の考え方や調停委員から言われることは絶対的に正しいとは感じていません。特に面会交流についてはすべてを一般論の中に押し込めることはできず、個々のケースについての対応を考えなくてはいけません。 ...

続きを見る

まとめ

  • 別居親の悪口は子どもへの悪口
  • 別居親の悪口を言うときは、子どもではなく友人や他の家族に言う
  • 子どもが自由に父親の話ができる雰囲気をつくるためには、親自身が動揺しないことが大切
  • 子どもは離婚や親と離れることについてすぐに受け止めれる訳ではない、話すことは現実を受け入れる助けとなる
  • 同居親は聞き役に徹し、別居親を評価しない
  • 美化しすぎると別の問題を生む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PICK UP記事と広告

モラハラ関連人気記事

【知れば未来が変わる】モラハラ夫への対策まとめ 1

モラハラ夫への対策をまとめた記事です。 この記事に載っているものはすべて、 モラハラ夫を変えたり、 ましてや モラハラを治すこと を目標とはしていません。 モラハラ夫と共同生活を続けるうえで大切なのは ...

モラハラ夫との離婚準備は水面下で!離婚準備の注意点まとめ 2

結婚しようと決めてから、実際に結婚するまで期間があるように、離婚も離婚したいと相手に伝えてから実際に離婚するまでには期間があります。 離婚届を出すまでに、親権、財産分与、面会交流、慰謝料、養育費などの ...

モラハラの慰謝料と現実 私が離婚調停で感じたこと 3

モラハラを受けた被害者の中には、相手から慰謝料をもらわなければ気が済まない方もいらっしゃると思います。 私自身も調停の途中から「なにがなんでも慰謝料を支払ってもらう!」という気持ちでいましたし、被害が ...

-モラハラ夫と別居する, 子育て
-, ,

Copyright© モラハラ離婚ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.