モラハラ夫と離婚調停して別れた体験談・子育て・シングルマザー・多種多様な生き方の情報を発信

モラハラ離婚ナビ

モラハラ被害者が受けた被害を思い出せないのはなぜ?

モラハラ モラハラ被害

モラハラ被害者が受けた被害を思い出せないのはなぜ?

投稿日:2019年4月29日 更新日:

モラハラ被害を受けた方で、過去の被害をよく覚えていないという方はいらっしゃいませんか?

私は、このブログを立ち上げるにあたって過去のできごとをまとめているときに、結婚生活の中でもある一時期のできごとについてぽっかりと記憶が抜け落ちていることに気が付きました。

強いストレスにさらされていたこと、ひどく傷つくことを言われたことだけはよく覚えているのに、その具体的な内容(何を言われたのか)や前後のいきさつなどは全く思い出せないのです。

今回は、被害を受けたのにもかかわらず、それを思い出せない脳の働きについてまとめました。

解離性健忘とは?

過去のトラウマとなる出来事について、その記憶がすっぽりとなくなることを、「解離性健忘」と言います。

解離性健忘の特徴は、大きな災害、虐待、事件、事故といった心的外傷を負ったときの記憶や、大きなストレスがかかった時(数時間程度)のことを思い出せなくなることです。これは、薬の作用や、外傷(脳への強い衝撃)などではなく、精神的なことが原因で引き起こされます。

心的外傷では、ストレスとなる出来事(モラハラ)が頻繁でかつ、暴力性が高い場合に起こりやすいと言われています。暴力性は何も被害者への身体的暴力に限った話ではなく、大声を出す、物に当たる、物を壊す、長期間無視をするといった被害が大きい場合も含まれます。

解離性健忘は「心の防衛反応」

解離性健忘が起こる理由は、辛い記憶を覚えていると健やかな人生を送ることができないため、心の防衛反応として、自ら辛い記憶を封印するためです。

自分の心を守るために脳が記憶を閉じ込めるのです。

解離性健忘は本当にあるの?

過去には、トラウマとなる記憶は忘れたのではなく、カウンセリングや催眠療法などで「虚偽記憶」がねつ造されたのだと批判を浴びたこともあります。
しかし、リンダ・マイヤ・ウイリアムズは、虐待を受け、病院にかかったことのある患者の4割が、記録が残っているのにもかかわらず本人にその虐待の記憶が全く残っていないことを突き止めました。これにより心因性健忘は、実際に起こることが確定しました。

モラハラ被害を受けながらも結婚生活を続ける理由には「解離性健忘」が関係しているかも?

私は、被害に遭いながらもモラハラ夫との結婚生活を続けてしまう原因の1つには、この解離性健忘が関係しているのではないかと思っています。

被害者の方は、辛い記憶を封じ込めてしまい、あたかも自分はつらい目に遭っていないかのように脳に錯覚させるしか生き残る方法がない状況下に陥っていたのではないでしょうか。

過去の記憶において、「良い記憶」と「悪い記憶」の両方がバランスよく記憶されていることが、健全な体験であった証拠だそうです。(詳しくはこちらの記事をご覧ください。→モラハラ夫の「家族へのトラウマ」はどこにある?

私は、結婚生活で「悪い記憶」しか残すことができませんでした。

離婚後、結婚生活は美化される?醜化される?
なぜ思い出は美化されるのか?離婚後のいま、結婚生活を振り返って想うこと

結婚生活は今や過去のこと。ただの思い出になっています。 離婚を友人に報告した際、離婚原因やいきさつなどもあわせて話をしたのですが、友人から「それでも結婚生活が5年続いたということは、良いときもあったん ...

続きを見る

また、本当は悪い結婚生活を誤って「良い記憶」だと思い込んでいる場合も、不健全な体験の結果、脳が記憶を改ざん、封印した可能性があります。

解離性健忘が起きたときにはどうすればいい?

解離性健忘は強いストレスを避けるための防衛反応です。

心を守るための機能ですので、忘れた記憶は無理に思い出さないほうがいいでしょう。

大切なのは、過去ではなく今や未来です。

過去のできごとが今や未来を壊すのであれば、それこそ忘れてしまい、これからの人生を健やかに送るほうがいいでしょう。

日記やボイスレコーダーでモラハラを記録しておくといい

「解離性健忘」によってモラハラ被害の記憶がなくなってしまうと、調停や裁判をしようとしたときに、いきさつや出来事を説明できない可能性があります。

そうならないためにも、受けているモラハラを日記やボイスレコーダーで確保しておくといいでしょう。

特に、ボイスレコーダーで録った音声の記録は紛れもないモラハラの証拠になります。

モラハラ夫が言う「そんなことは言っていない!」を信じようとして記憶を改ざんしたかも?

また、モラハラ夫は、言ったことを言っていないことにしたり、言っていないことを言ったことにするなど、虚言や妄言がひどいのも特徴の一つです。

被害者は、モラハラ夫の言っていることを正しいと思おうとするあまり、「そうか、じゃあ私の勘違いだったのか」と自らの記憶を改ざんせざるを得なかった可能性もあります。

私自身もコロコロと言い分の変わる夫のことを追求したときに、「絶対に俺がそういったと言えるのか!」と強く言われて「やっぱり私が間違って覚えていたのか?」と分からなくなったことがあるからです。

被害が終わった後も記憶が抜け落ちる期間があることも

また、私の場合は、別居して被害がなくなったあともぼんやりとして過ごし、別居後数カ月間の記憶があいまいになっているところもあります。

うつ病の患者は、うつの期間を「白昼夢を見ているようだった」と表現するようですが、まさに夢なのか現実なのか分からず、夢の記憶が起きたら消えるように記憶がハッキリと残っていません。

またその間は、モラハラを受けていたことを繰り返し繰り返し悪夢のように思い出し続けていたこともあり、精神状態も悪く、「心ここにあらず」で、目の前のできごとを見ることができていなかったのかもしれません。

繰り返し思い出していたモラハラが頭の中を支配していた状態で、現実をインプットすることが困難だったことが原因で記憶をしていないこともあるのだと思います。

まとめ

  • 被害者は「解離性健忘」によってモラハラ被害を忘れることがある
  • 被害から抜け出してもすぐに精神状態が回復するわけではなく、その間の記憶もなくなることがある

記憶が抜け落ちているからと言って、モラハラ夫からのひどい仕打ちの影響がなくなったわけではありません。被害者は脳にダメージを負っており、中には回復しないケースもあります。

いずれにせよ、モラハラ夫から受ける仕打ちは脳にダメージを与えていることを覚えておかなくてはいけません。

治らない!私がモラハラ被害によって受けた脳のダメージ
治らない!私がモラハラ被害によって受けた脳のダメージ

私のモラハラ被害は実に結婚生活と同じ5年間でした。 人によっては結婚生活が5年間だと聞くと短いと思われる方もいるかもしれません。しかし、モラハラ被害を受けた5年間はとても長く、そして私の脳にも重大なダ ...

続きを見る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PICK UP記事と広告

モラハラ関連人気記事

【知れば未来が変わる】モラハラ夫への対策まとめ 1

モラハラ夫への対策をまとめた記事です。 この記事に載っているものはすべて、 モラハラ夫を変えたり、 ましてや モラハラを治すこと を目標とはしていません。 モラハラ夫と共同生活を続けるうえで大切なのは ...

モラハラ夫との離婚準備は水面下で!離婚準備の注意点まとめ 2

結婚しようと決めてから、実際に結婚するまで期間があるように、離婚も離婚したいと相手に伝えてから実際に離婚するまでには期間があります。 離婚届を出すまでに、親権、財産分与、面会交流、慰謝料、養育費などの ...

モラハラの慰謝料と現実 私が離婚調停で感じたこと 3

モラハラを受けた被害者の中には、相手から慰謝料をもらわなければ気が済まない方もいらっしゃると思います。 私自身も調停の途中から「なにがなんでも慰謝料を支払ってもらう!」という気持ちでいましたし、被害が ...

-モラハラ, モラハラ被害
-, , , ,

Copyright© モラハラ離婚ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.