モラハラ夫と離婚調停して別れた体験談・子育て・シングルマザー・多種多様な生き方の情報を発信

モラハラ離婚ナビ

モラハラが止められないワケ モラハラ加害者はモラハラで快楽を感じている

モラハラ モラハラの心理

モラハラが止められないワケ モラハラ加害者はモラハラで快楽を感じている

投稿日:2019年2月25日 更新日:

虐待には依存性があるように、モラハラにも依存性があるのではないかと考えます。人は同じ刺激に慣れるため依存患者はどんどんと強い刺激を欲しがります。モラハラにおいても、強い刺激を求めてモラハラ(の頻度、程度、時間など)を加速させていくのではないかと私は考えています。

虐待には依存性がある?

つまりモラハラ加害者が求めているのは?

モラハラ加害者は相手に言うことをきかせたり、相手をコントロールするためにモラハラをします。

おそらくモラハラの始まりは、自分の気持ちを適切な形で伝えることができなかったり、相手から攻撃をされていると思い自分を守ろうとする心理でモラハラを行うと考えられます。

しかし、モラハラをすることで相手の行動を変えさせることができたとき、モラハラ加害者はそのことで快楽を感じます。自分の言うとおりにできたという満足感や、相手をコントロールできたという支配欲が満たされるためです。

モラハラ加害者がモラハラ被害者であった時、加害者に自分の気持ちを受け取ってもらえた体験をあまりしてきていません。彼らにとっては、モラハラを使ったときに初めて自分の気持ちが相手に伝わったという成功体験なのです。

次第にモラハラ加害者は「モラハラをすることが快楽を感じること」だと学習し、脳に「モラハラで快楽を感じる回路」が出来上がります。

こうして、モラハラを自分の快楽のために使うようになっていくのです。

コミュニケーションのためのモラハラと、快楽のためのモラハラ

モラハラ加害者は、次第に快楽を感じようと繰り返しモラハラをするようになります。この時には、相手が嫌がったり、苦しんだりする姿をみたいがためにモラハラをするわけであり、自分の思い通りに相手をコントロールしたいという欲求や支配したいという欲求がその根底にあります。当初はモラハラをすることでしか自分の意思を伝えることができなかいゆえのコミュニケーションの手段としてモラハラをしていたのが、いつの間にか支配、独占、快楽のためにモラハラをするようにシフトしていくのです。

つまり、

  1. 相手に自分の意思を伝えるため、もしくは誤ったコミュニケーションの手段として使うモラハラ
  2. 自分の快楽や欲求不満解消のためにするモラハラ

の2段階があり、1の段階で相手の言うことをきいてしまうと、モラハラで欲求が満たされ気持ちよさを感じた加害者は、次第に2へとシフトしていってしまうのだと考えられます。

自分を満たしてくれるのがモラハラであり、モラハラは無くてはならないものとして、依存していきます。

モラハラで快楽を感じている人は治らない?

誤ったコミュニケーション手段がモラハラとして表れている場合、適切なコミュニケーションを学ぶことでモラハラを治すことができると考えられます。

しかし、2の段階へシフトしてしまったときに、モラハラ加害者は依存患者と同じであり、普通の人が依存症を治すことができないようにモラハラ依存も治すことが難しいと考えられます。

依存症については厚生労働省のサイトをご覧ください。

2のモラハラ加害者の見分け方

1.ルールがコロコロ変わる

モラハラ加害者は何らかのルールを被害者に押し付けてきます。この時に、ルールや言っていることがコロコロ変わり、被害者がどんな振る舞いをしたところで怒鳴ってくる場合です。

何らかのルールを尊重してほしいのではなく、コロコロ変わるルールに翻弄され、苦しんでいる被害者を見ることが目的になっています。

2.要求が叶っても怒鳴り続ける

モラハラ加害者の要求がかなったことでモラハラが止む場合は、モラハラは医師を伝える手段として使っているということが分かります。一方で、被害者が加害者の言うとおりにしたところでそのまま怒鳴り続け、怒りを収めることがない場合は怒鳴ることの方が目的になっています。

怒鳴ることで欲求不満を解消したい、支配されている被害者の姿をみたいと思ってやっています。

3.モラハラを成功体験として吹聴する

モラハラをして何らかの利益を得たことがある場合、モラハラで快楽を感じた経験になっている可能性があります。

モラハラを自慢話や成功話として吹聴する人は、この回路が脳にあると考えられます。

4.モラハラを受けて悲しんでいるときにも加害者が喜んでいる

そして、モラハラをしているときに喜んでいたり、今まで怒鳴っていたと思ったら急に笑顔になるなど感情や表情の変化が場に不釣り合いの人です。

他人が苦しんでいたり、悲しんでいることで満足するため、不適切な場面で笑顔を見せます。たとえば、被害者の携帯を壊したのに笑っている、被害者の失敗を喜んでいるといった場合です。

モラハラへの依存度を見分けよう

そして、中にはあなたにモラハラをするようになった時点ですでに今までの環境でモラハラに依存しているモラハラ加害者もいるということを忘れないでください。

特に、今までの人間関係で破綻した経験がある人は要注意です。

まとめ

モラハラをしてしまい、相手が苦しんでいる姿を見て罪悪感を感じる人は、人の心があります。反対にモラハラ依存の人は罪悪感を感じるどころかそれが快楽になるわけですから、自ら止めることなどありません。止めるどころか、自分の快楽のためにモラハラを繰り返し行います。

あなたが苦しむことを喜ぶ人と、パートナーでいる必要はありません。一刻も早く離れましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PICK UP記事と広告

-モラハラ, モラハラの心理
-, , , , , ,

Copyright© モラハラ離婚ナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.