モラハラ夫と離婚調停して別れた体験談・子育て・シングルマザー・多種多様な生き方の情報を発信

モラハラ離婚ナビ

シングルマザーの働き方

シングルマザーの在宅ワーク

【シングルマザー】どうやって働く?子どもが小さい場合は?

投稿日:2018年7月5日 更新日:

離婚することをライフイベントで想定している人は多くはないでしょう。女性の場合は、結婚や出産のタイミングで仕事を辞めるケースが多く、ライフイベントによって就業状況が変わります。そして、別居や離婚と同時に働かなくてはいけない状況がやってきます。シングルマザーの再就職の厳しさに、長年勤めた仕事を辞めてしまったことを後悔したりします。

突然の別居や離婚問題では、急に仕事を見つけるのは難しいですよね。特に、子どもが小さい場合、外に働きに出かけるのは難しい、面接を受けても子どもがいることで落とされてしまうなど就職活動は大変厳しいのが現実です。

私が別居したのは下の子がまだ1歳になったばかり。そして結婚のタイミングで退社していたため、仕事もない状態でした。もっと辛いことに家計はすべて夫が握っていたので貯金をはじめ、夫婦の共有財産はすべて夫が持ったまま、私は結婚前のわずかな貯金で暮らし始めなければなりませんでした。

このように急な別居や離婚で新たに仕事を探さなくてはいけないとき、

どういった仕事をしたらいいのか、

どうやって仕事を見つけたらいいのか、

どういう仕事なら子どもが小さくてもできるのか、

こういった悩みは尽きないと思います。

そこで、実際に私がやった仕事の探し方、子育てと両立できた仕事や活用したサイトなどをご紹介します。

別居中や離婚紛争中も働いたほうがいい理由

子どもが小さくてすぐに働けないなどの理由がある場合でも、離婚紛争中も実は働いて収入があったほうが有利に働くことがあります。

それは、年収が婚姻費用や養育費の金額にかかわってくるからです。

婚姻費用は養育費などはお互いの年収を元に算出します。

子どもが小さくて働けない場合、収入は0円ですが、年収が0であると主張しても簡単には通らないことがあります。

調停では、相手がこちらの言い分通りに0円を認めてくれればいいのですが、モラハラでよくあるのは相手が「いや、働けるだろう!一般的に働いたら年収200万程度はあるはずだ!」と主張してくるケース。

こちらが「どうしても働けないんだ!」と伝えても「だったら保育園に入れればいいだろう」と反論してきて子どもが小さくても働いている母親が世間に入ることを引き合いに出してきます。

このくらいの年齢の女性であれば一般的に働けばこのくらいの収入が見込める、ということで「年収〇〇万円相当」と主張してきます。

こういったケースでは、「本当に働けないのかどうか」が争点となり、もし「働こうとしていないだけ」と見なされてしまえば「働いたならこれくらいは稼げる」と言う主張が通って見込年収が実際に認められることもあります。

実際に働くことで、働いた結果このくらいしか稼げないという証拠になります。

月に5万程度でもいいので働いて収入を確保しましょう

子どもが小さくて外に働きに出かけれない場合の働き方

子どもが小さいうちは働きに出かけること自体が難しかったり、就職活動をしてもなかなか採用されないなど、厳しい現実が待ち構えています。

そこで、もし、パソコンやインターネット環境が確保できるのであれば、在宅での仕事をオススメします。

私は別居期間の始め、子どももまだ保育園に預けることができず、しかし貯金も少なく何としてでも働いてお金を稼ぐ必要がありました。

その時に利用したのが、「クラウドワークス」という在宅ワークのお仕事を探せるサービスでした。

1.クラウドワークス



クラウドワークスのいい点は、スキルや資格がなくてもすぐに始められる仕事が見つけられる点です!

今まで専業主婦をやってきていたという人にもすぐに在宅でのお仕事が見つかります。

スマホやパソコンがあれば登録後すぐにお仕事が始められますよ!

私も、最初はパソコンすらなかったのでスマホでお仕事をしていました。

クラウドワークスの利点

・すぐに始められる

・資格やスキルがいらない

・パソコンがなくてもスマホがあれば仕事ができる

・スキマ時間でのお仕事が可能!

・小さい子どもがいても働ける

無料でできるスキルアップ動画講座などもあるので、知識を学んだり、スキルを磨くこともできます!

登録はこちらから

まずは、登録をしてお仕事を探してみてくださいね。

今すぐクラウドワークスでお仕事を探してみる!
在宅ワークならクラウドワークス

仕事の探し方

まずは「タスク」から始めよう

すぐに仕事を始めたい人に向いているのが「タスク」と言うカテゴリの仕事です。

アンケートや口コミなどすぐにその場でできる仕事です。またスマホでも仕事が可能です。

他の仕事とは違い、

・契約が必要ない

・応募時にやらなければいけないことがない

・継続の仕事ではなく一回きり

など、すぐに始めることができるうえにすぐにやめることもできるのが特徴です。

とにかくお金をすぐに稼ぎたい場合や、今後、長期的に仕事を続けていくかどうかわからない場合などに向いています。

安いものだと1円~ですが、高いものでは500円以上のものもあり、スキマ時間にちまちまと続けていくとそれなりのお金を稼ぐことができます。

絶対に選んでいけないのは「コンペ」

「コンペ」とは応募時に提案を出し、発注側がその中から気に入った人に仕事を発注するスタイルの仕事カテゴリです。

応募時に提案としてデザイン案などを作成しなければならないのですが、コンペに選ばれないとその作業にかかった費用は1円も入ってきません

すぐにお金が欲しい、必ずお金が欲しい場合には向いていないので注意が必要です。

仕事内容はデザインやロゴ作成などです。

スキルがなくてもできる「経験不問」の仕事

また、「経験不問」と言うカテゴリの仕事もあります。

スキルがなくても応募ができるので、専業主婦を長年やってきた方やスキルに自信がない方などに特におすすめです。

仕事内容は主にライティング(文章を書く)や、チェック作業などです。

スカウトメールが来る

仕事を探す時間は収入が発生しませんし、たくさんの仕事から自分ができる物を見つけるのにも時間がかかります。クラウドワークスでは、スキル等を登録しておくと、クラウドワークス側から自身のスキルに応じた仕事のスカウトメールが届き、仕事を探す手間や時間を短縮できます

また、スカウトメールの中には時間給での仕事が多く、出来高制ではないので、働けば働いた分収入につながるのも大きいです!

在宅でも、1,000円~1,500円の高時給で働けます!

2.経験を積むことができるパート

子どもが小さいうちに正社員になることはなかなか採用に至らない上に、シングルマザーにかかる育児の負担が大きく、フルタイム勤務との両立はかなり難しいでしょう。

子どもが小さいうちにはパートで短時間勤務をし、小学校に上がるなど手がかからなくなってから正社員やフルタイムに勤務を変えるというのが現実的にできる働き方だと思います。

しかし、年を取れば取るほど、正社員の雇用も厳しくなります。業界未経験の場合、ほとんど無理だと言っても過言ではありません。

そこでパート勤務でも、業界の経験を積むことができる物を選ぶといいでしょう。

たとえば、OA事務などは子どもが小さい主婦向けに短時間勤務の募集をしている会社もあります。事務の経験があると、それだけで専門の経験がなくても応募条件を満たすことができる可能性が高く、正社員雇用時の応募の幅が広がります。

事務経験があると雇ってもらいやすい業界には、

  • 一般事務
  • 貿易事務
  • 営業事務
  • 学校事務
  • OA事務
  • 経理、会計
  • 総務、人事

などがあります。

事務職はオフィスで座り仕事なため、定年まで勤めることができます。同じ会社にずっと務めていたほうが給料も上がり、生活も安定できます。

パートのときからフルタイム勤務、正社員勤務時のことを考えて職探しをするといいでしょう。

事務系に強い仕事紹介サービスはこちら

リクナビ派遣
「こだわりから探す」で「残業なし」「16時前退社OK」「10時以降出社OK」など子育てとの両立がしやすいお仕事を探すことができます。

子どもが小さいうちは、無理せずに子育てと仕事の両立を考え、子どもの手が離れていくと同時に、勤務時間を長くする働き方が理想です。

そのためには、子育て期間中は「業界の経験を積む」ことを視野に入れ、長く続けられる業界での仕事を覚える期間にしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

モラハラを長年受けているケースでは、モラハラ加害者がお金のすべてを握っていて経済的に自立が難しい場合もあります。

お金を稼いでモラハラから自立するためのまず一歩を踏み出しましょう。

収入があることで、離婚や別居をするための経済的な足掛かりになります。

私は現在月に10~15万ほど在宅で稼いでいます。子育てとの両立をしながらこのくらいの金額を稼ぐことは可能です。仕事量は子育てを優先してセーブしているので、もっと頑張ればそれ以上の金額も稼ぐことができます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PICK UP記事と広告

モラハラ関連人気記事

【知れば未来が変わる】モラハラ夫への対策まとめ 1

モラハラ夫への対策をまとめた記事です。 この記事に載っているものはすべて、 モラハラ夫を変えたり、 ましてや モラハラを治すこと を目標とはしていません。 モラハラ夫と共同生活を続けるうえで大切なのは ...

モラハラ夫との離婚準備は水面下で!離婚準備の注意点まとめ 2

結婚しようと決めてから、実際に結婚するまで期間があるように、離婚も離婚したいと相手に伝えてから実際に離婚するまでには期間があります。 離婚届を出すまでに、親権、財産分与、面会交流、慰謝料、養育費などの ...

モラハラの慰謝料と現実 私が離婚調停で感じたこと 3

モラハラを受けた被害者の中には、相手から慰謝料をもらわなければ気が済まない方もいらっしゃると思います。 私自身も調停の途中から「なにがなんでも慰謝料を支払ってもらう!」という気持ちでいましたし、被害が ...

-シングルマザーの在宅ワーク
-,

Copyright© モラハラ離婚ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.