モラハラ夫と離婚調停して別れた体験談・子育て・シングルマザー・多種多様な生き方の情報を発信

モラハラ離婚ナビ

夫のモラハラを治した体験談には妻のモラハラ化が隠れている場合も

モラハラ モラハラとの決別

夫のモラハラを治した体験談には妻のモラハラ化が隠れている場合も

投稿日:

加害者と被害者の逆転現象は、実はモラハラでもよくあります。人は常に強くはいられないので、例えばモラハラ夫が病気になったり、義両親が亡くなったり、友人と縁を切られたりして弱くなったタイミングで立場が反転することがあります。

夫からモラハラを受け続けた妻の中には、こういったきっかけを機に立場が逆転し、今度は妻が夫にモラハラをするようになったという人もいます。

そして、被害者が加害者の立場に転じたとき、今まで被害を被ってきたことが原因で「より止めづらい」状況になってしまうそうです。

「今までさんざん虐げられてきたから」

「私の辛かった気持ちを分かってほしい」

かつての被害者は自分の気持ちを表現する手段としてモラハラを使うようになることがあるのです。

また、中には加害者のモラハラを止めさせようとして、妻自身がモラハラ妻になってしまう人もいます。

たとえば、モラハラ夫がモラハラを自覚できて、モラハラを治そうと努力し始めたとします。認知行動療法を学んだり、クリニックに通うなどし、自主的に治療を始めました。しかし、モラハラは一朝一夕で治るものではありません。

かつて被害者だった妻がやりがちなのは、なかなか治らない夫の様子を見て、「モラハラを治せないのは、努力が足りないからだ!」とか「本当に反省しているのだったらモラハラを止めれるはずだ!実は反省していないんじゃないのか!」といって夫を責めるといったことです。

こうして、いつの間にか夫が被害者になり、妻の方が加害者に転じていたということもあるようです。

モラハラ被害者である妻は、自分が加害者になっていないのかを客観的に見なくてはいけない

恐ろしいのは、加害者被害者が逆転し、今度は妻がモラハラをし始めたとき、多くの妻にはモラハラ加害者であるという自覚がないということです。

妻の中には、モラハラをされた側の気持ちを分かってほしいという純粋な願いを初め、目には目を歯には歯を、やってきたことをやり返されても当然のこと、といった恨みつらみから来るものなどさまざまな気持ちがあるでしょう。

そして、「夫がモラハラを治せないのが悪いんだ」「夫が気持ちを分かってくれないからこうするしかないんだ」と他責的になっていきます。自分の行動を自分で制御せずに、夫の行動に責任があると転化していくようになるのです。

こうなると「被害者だから」という大義名分をかさに着た立派な加害者の出来上がりです。

モラハラを治せた体験談は本当に治ったのか?その見分け方は?

夫のモラハラを治せました!という体験談の中には、夫がモラハラを改善し、夫婦が対等で平等な関係になれたケースもあります。しかし、中には、ただ単に上下関係がひっくり返ったために、今度は夫が被害者になり、妻が夫のモラハラが止んだと感じているだけの場合もあります。

モラハラ加害者も、上下関係の上の立場の人にはモラハラをしないという特性があります。つまり夫が妻にモラハラをしなくなったのは、関係性が変わり、自分より妻が強くなったためモラハラをしなくなっただけです。

結局のところ、自分よりも立場が弱い人(妻以外の人)に対しては、引き続きモラハラをしているでしょう。

モラハラをするターゲットが変わった、それがあたかも「モラハラが治った」ように見えているにすぎません。

たとえば、「夫に言い返すようにしたらモラハラが治まった」「恩師や上司からモラハラを指摘してもらったらやらなくなった」というケースでは、後ろ盾を手に入れたり、妻が強くなりやり返す力を身につけたことで、モラハラのターゲットから外れた可能性があります。

モラハラ被害者はモラハラ加害者になってはいけない

かつてモラハラ被害者の立場だった方でも、「今では私の方が夫よりも強い立場になり、モラハラをしています」と話される方もいます。

自分が受けたモラハラを、今ではやり返しているということ、そしてそのことを公言できるということはモラハラをしていることに罪悪感がないということです。

私は、モラハラ被害の深刻さは、被害者にしか分からないと感じています。だからこそ、被害者になった人はモラハラ加害者には決してなって欲しくないのです。

かつて自分が言われたことだから言い返してもいい

かつて自分がされたことだからやり返してもいい

それは、あなたが夫から受けたモラハラと全く同じ性質のものです。

なぜなら、モラハラ夫もかつて被害者としてモラハラを受けてきました。そして、かつて言われたことを言い、かつてやられたことをやっているのです。

もし、被害者である人が同じようにやられたことだからやり返していては、あなた自身がモラハラ加害者になるばっかりではなく、モラハラで傷つく人を増やし、そのことでさらに未来のモラハラ加害者を増やしています。

モラハラをすれば、それが必ずや連鎖のように広がっていきます。

決してモラハラをやり返してはいけません。

夫にモラハラをやり返すために人生を共にするなら、その悪い関係を切ったほうがいい

モラハラで受けた傷は決して浅いものではありません。

被害者が、自分の傷の痛みを訴えて、モラハラをしてしまいたくなる気持ちも分からなくはありません。

しかし、モラハラ夫と一緒に過ごし、傷を増やしながら、自分もモラハラをする悪い人間になるくらいなら、モラハラとは縁を切り、「嫌な自分」にならずに済む環境へと身を投じてほしいのです。

嫌な自分にならないために、自分を嫌いにならないために…

私は元夫と一緒にいるときの自分が嫌でした。

夫から言われる私を否定される言葉。

その言葉に傷つき、みじめになっていく自分。

そして、何よりも本当にその言葉通りに、「嫌な気持ち」に支配され、「嫌な人間」になっていく自分

暴言を言いたくないのに、気を抜けば夫を罵りそうになる。

本当は穏やかに話したいのに、声を荒げてしまう。

相手の暴言を聞き流し、平然としていられたらどんなに立派だったでしょうか。

しかし、私にはそれはできませんでした。

夫といると私はどんどんと嫌な人間になり、自分のことが嫌いになっていきました。

私は夫のことが好きでしたが、夫と一緒にいるときの自分は嫌いでした。

もし、あなたがモラハラを嫌だと思いながら、旦那さんのことが好きだから一緒にいるのだとしたら…。

旦那さんと一緒にいるときのあなたは、自分自身のことが好きでしょうか?

惨めで辛い思いをしていないでしょうか?

怒鳴りたくないのに、大声を出していないでしょうか?

好きなことも思い出せなくなっていないでしょうか?

何もできないちっぽけな人間だと、自分自身を否定していないでしょうか?

夫と一緒にいるときの自分が嫌いになるようであれば、その関係を見直すべき時です。

私は、穏やかで、気持ちよく、安心して、自然体でいられる…そんな風に過ごせる相手と一緒にいてほしいと思います。

そしてなによりも、その人と一緒にいるときの自分が好き、そう思える人間関係を大切にしてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PICK UP記事と広告

モラハラ関連人気記事

【知れば未来が変わる】モラハラ夫への対策まとめ 1

モラハラ夫への対策をまとめた記事です。 この記事に載っているものはすべて、 モラハラ夫を変えたり、 ましてや モラハラを治すこと を目標とはしていません。 モラハラ夫と共同生活を続けるうえで大切なのは ...

モラハラ夫との離婚準備は水面下で!離婚準備の注意点まとめ 2

結婚しようと決めてから、実際に結婚するまで期間があるように、離婚も離婚したいと相手に伝えてから実際に離婚するまでには期間があります。 離婚届を出すまでに、親権、財産分与、面会交流、慰謝料、養育費などの ...

モラハラの慰謝料と現実 私が離婚調停で感じたこと 3

モラハラを受けた被害者の中には、相手から慰謝料をもらわなければ気が済まない方もいらっしゃると思います。 私自身も調停の途中から「なにがなんでも慰謝料を支払ってもらう!」という気持ちでいましたし、被害が ...

-モラハラ, モラハラとの決別
-, , ,

Copyright© モラハラ離婚ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.