モラハラ夫と離婚調停して別れた体験談・子育て・シングルマザー・多種多様な生き方の情報を発信

モラハラ離婚ナビ

モラハラ夫が優しくなるのは治ったのではなく「ハネムーン期」!モラハラにはサイクルがあります

モラハラ モラハラとは

モラハラ夫が優しくなるのは治ったのではなく「ハネムーン期」モラハラサイクルを知ろう!

投稿日:2019年9月2日 更新日:

私の夫は果たしてモラハラ夫なのでしょうか?

確信が持てずに、このサイトに訪れる方も多くいらっしゃいます。

「私の夫は優しいんです」

「私の夫はひどいことを言ってもそれを反省しているのでモラハラではないんでしょうか?」

「子どもにとってはいい父親です。子どももパパが大好きです」

モラハラかどうかの見分けがつきにくい理由の中には、モラハラにはサイクルがあり、モラハラを全くしない「ハネムーン期」という時期があるためです。

モラハラのハネムーン期とは?

モラハラのサイクルとは、

怒りやストレスをためている「蓄積期

暴言や無視、物に当たるといったモラハラをする「爆発期

穏やかになる「ハネムーン期

です。

この3つの時期をサイクルのように繰り返しながら、徐々にモラハラがエスカレートしていきます。

①怒りやストレスをためている「蓄積期」

ちょっとしたことで機嫌が悪くなったり、いさかいが増える時期です。

被害者は相手を刺激しないように行動に気を付け、ピリピリとした雰囲気が家庭内を漂います。

加害者の中には、被害者をコントロールしたい、被害者を支配したいという気持ちが溜まっていきます。

②暴言や無視、物に当たると言ったモラハラをする「爆発期」

怒りをコントロールできなくなり、噴火するかのように爆発する時期です。

この時の怒りようは、普通の人の怒りとは違い、「人が変わったかのような劇的な変化」を遂げるという特徴があります。

ナマモノ(筆者)
私は怒っている夫の様子を「鬼のよう」だと思っていました。

この爆発期では、怒りの矛先が向くのは、モラハラ加害者よりも弱い人間です。会社であれば部下や後輩、家では妻や子どもへと向かいます。

被害者がいくら謝罪をしても本人の中で気持ちが収まるまで、怒りが沈静化することはありません。

③穏やかになる「ハネムーン期」

モラハラをした後は、また「人が変わったかのように」穏やかな人物へと戻ります。

多くの被害者は、ハネムーン期のモラハラ夫のことを「本当の姿」だと思い込み、②の爆発期、いわゆるモラハラさえしなければいい人だと思っています。

しかし、このサイクルは、①の蓄積期がある限り必ず繰り返されます。モラハラ夫とモラハラは残念ながら切っても切り離せない関係であり、「モラハラさえしなければ…」という仮定は現実では起こり得ません。

また、このハネムーン期のいい人というのは、言ってみれば「モラハラをしている」からこそあるのであり、いい人とモラハラは表裏一体の関係でもあるのです。

※中にはハネムーン期のないモラハラ加害者もいるようです。ハネムーン期のあるなしや爆発期とハネムーン期のギャップの大きさは、モラハラ加害者の二面性の強さに比例すると言えます。

ハネムーン期はモラハラが治ったのではないことに注意しよう!

モラハラ夫は誰と結婚生活を送っていてもイライラする

モラハラ夫がイライラしたり、ストレスをためやすいのは、本人の「認知」の問題のためであり、妻の責任ではありません。

モラハラ夫は、多くの場合は誰と接していても、誰と結婚生活を送っていても、やっぱり本人の認知の問題でストレスをため込んでいきます。

自己保身のためなら謝罪の言葉を口にする

モラハラをした後のモラハラ加害者は、モラハラをしたことの謝罪の言葉を口にしたり、今までの様子とは打って変わって別人のようになります。しかし、これはモラハラが治ったのではなく、被害者が自分から離れていくのではないかと不安になったり、自己保身のためにモラハラが収まっているにすぎません。

遠くない未来に、またモラハラの引き金を引くときが必ずやってきます。

被害者はハネムーン期を本当の姿、爆発期を病気や自分に原因があると思い込むようになる

モラハラ被害者は、モラハラサイクルのハネムーン期の姿を「夫の本当の姿」だと思い込み、爆発期を「自分(のふがいなさ)が原因で鬼の姿に変えてしまった」と思い込んでいます。

あまりにもハネムーン期と爆発期で人が変わるため、「精神的な病気」であるとか、「本当は優しい人なのに、私が彼を変えてしまった」と理由をつけて納得しようとするためです。

しかし、この認識は間違っています。

このような強い二面性や、普通の人ではありえないほどの爆発的な怒りを表現するのはモラハラ加害者の特性で、普通の人の枠に当てはめて考えられるものではありません。(決して、病気や配偶者のせいではありません)

モラハラサイクルが必ず繰り返される理由とは?

モラハラは「ハネムーン期」であってもモラハラが改善された、モラハラを心から反省し、治すように努めている時期ではないからです。

モラハラをする人は自分の怒りが他人によって引き起こされていると考えていて、被害者のせいで自分がモラハラをしてしまうと本気で思っています。被害者が変わればいいと思っている限り、モラハラをする人の中からモラハラが消えることはありません。

モラハラ加害者はいつも「我慢している」?

DVやモラハラをする人は、被害者に対して「俺はいつも我慢している」と言うことが多いそうです。

具体的な言葉で言うと、「殴らないように我慢している」「いつも怒鳴らないように我慢しているのにお前のせいで怒鳴ってしまった」などです。周囲の物に当たったり、怒鳴ったりしていて、どうみても我慢が成功しているようには見えません。

彼らの「我慢」とは、被害者が自分の思い通りにならないことに対して不満を感じていることで起こります。彼らはそもそも、他人が自分の思い通りに動くと思っていて、人と自分の境が曖昧なのです。

モラハラサイクルから、モラハラ改善の方法が分かる!

モラハラ被害者は、自分の言動のせいで相手にストレスを与えてしまっているんだ、そのことが「爆発期」を生じさせてしまうんだと考えてしまいますが、モラハラをするかどうかは本人の問題であり、被害者にその責任はありません。

モラハラ改善方法① 加害的思考を自覚する

なぜイライラしてしまうのか、なぜ人の言動が許せないのかなど、自分の思考パターンを分析し、理解することはモラハラ改善に効果的です。具体的方法としては、認知行動療法を学ぶことで改善が見込めます。

モラハラをする人はその思考から溜めなくてもいいストレスをためたり、怒らなくてもいい些細なことで怒りに火がつきます。彼らが怒りを感じやすいのには理由があり、それを自覚することが必要です。

また、他人がなぜ自分の思い通りにならなければ不満を感じるのか、どうしてコントロールしたいと思うのかを自己分析することも有効でしょう。その背景には同じような考えの人物からコントロールされてきたことが関係しているかもしれません。

怒りを感じやすい原因が何であるかを知り、怒りやすい思考パターンが分かること、知行動療法を学び、思考パターンを変えることで、モラハラが改善されていきます。

モラハラ改善方法② 自分の気持ちを言葉で伝える方法を身につける

2は、下記の記事で詳しく説明しています。

モラハラ改善方法③ いろいろな依存先をみつける

モラハラ加害者は、相談できる友人がいなかったりストレス発散ができる趣味がないという特徴もあります。そして、家族に強く依存し、家族を支配、コントロールしようとするのです。

依存する先を分散させるためにも、ストレスを発散する趣味を見つけ、家族以外に自分の居場所を持つことも有効です。

モラハラ改善方法④ 信頼できる人を見つけ、その人との関係を人間関係の基本とする

人間関係の中でストレスをためやすい背景には、「基本的信頼感」がないために、集団の中に自分の居場所がなく、居場所をつくろうと必死になって周りに合わせることが原因になっていることもあります。

基本的信頼感は、親との関係でその基盤が作られますが、親との間にうまく信頼関係が築けなかった場合でも、後天的に身につけることができると言われています。

人が怖い

人が信用できない

(よく知った人でも)人といると緊張する

このような場合は、愛着や基本的信頼感に問題がある場合があります。自分の愛着スタイルがどういったものかを確認してみることも必要です。

まとめ

モラハラサイクルは、モラハラ加害者たちにとって人生の周期のようなもので、必ず繰り返します。このモラハラサイクルをどこかで断ち切らなくてはいけません。

妻は、モラハラ夫のストレスを減らそうと、①でストレスをためさせないように細心の注意を払いながら暮らしています。しかし、被害者の働きかけでモラハラを治めることはできないのです。

モラハラサイクルを断ち切るためには、本人が自分の思考回路を自覚し、意識改革をして、自らの意思でモラハラを止めようとする意志が必要です。

そして被害者も自分に責任のないこと、モラハラを治せるのは加害者だけだということを覚えておかなくてはいけません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PICK UP記事と広告

-モラハラ, モラハラとは
-, , , ,

Copyright© モラハラ離婚ナビ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.